山形の酒米新品種「雪女神」による純米大吟醸原酒「熊野のしずく」

米の中心部分だけをぜいたくに使った大吟醸酒が登場。

リンベル株式会社は、自主企画商品「山形の極み」シリーズの新商品として、純米大吟醸原酒「熊野のしずく」(税別1万円)を開発。4月1日(土)からリンベルホームページで販売を開始する。

純米大吟醸原酒「熊野のしずく」(税別1万円)
  • 純米大吟醸原酒「熊野のしずく」(税別1万円)

「熊野のしずく」は山形県が大吟醸用に開発した酒米「雪女神」を40%まで精米し、米の中心部分だけをぜいたくに使った大吟醸酒。「しずく取り」と呼ばれる製法により生み出されている。

木綿の袋にもろみを入れて天井からつるし、圧力をかけずに自然と滴り落ちるしずくだけを集めた酒で、雑味の少ない、後口すっきりとした味わいとなっている。構想から約1年、山形県南陽市宮内の東の麓酒造有限会社の技術提携により完成した。

香りは非常にフルーティーで、特にメロンやバナナの香りも感じられる。非常に洗練され、綺麗でピュアな味わいのため、料理に合せるのではなく酒そのものを味わうシチュエーションに適した、食前酒(アペリティフ)におすすめ。パッケージデザインは、東北芸術工科大学の中山ダイスケ氏が手掛けている。

高級ギフトにもうってつけの一本。極上の味わいを体感してみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報