ベッカム長男、9月から大学進学で一人暮らし!

ベッカム家の長男ブルックリン・ベッカム(19)が、9月から大学に進学し、実家を離れて一人暮らしを始めるようだ。

9月から一人暮らしを始めるというブルックリン
  • 9月から一人暮らしを始めるというブルックリン

以前からフォトグラファー志望で、すでに広告の写真も手掛けているブルックリンだが、今月10日には、「My Passion」というキャプションとともに、たくましい腕にカメラを持った自身のモノクロの写真をポスティングしており、その情熱は変わっていない様子。

【写真を見る】まだ付き合っていたころのクロエ・グレース・モレッツとブルックリン・ベッカム
  • 【写真を見る】まだ付き合っていたころのクロエ・グレース・モレッツとブルックリン・ベッカム

「彼は9月から大学で、写真を専門的に学ぶ予定のようです。どこの大学に行くのかは明らかになっていませんが、そのために家を出て一人暮らしを始めるようです。彼はすでにとても自立しているので、家族と離れて住むことに不安はまったくないでしょう」

「家族が恋しくなることもあるでしょうが、彼は次なる冒険をはじめる準備はできています。フルタイムのフォトグラファーになるつもりであれば、大学で学ぶことは彼にとって大きな財産となるでしょう」と関係者がHeat誌に語っている。

進学先は明らかになっていないが、かつては、「アートと写真をアメリカで勉強したい」と語っていたブルックリン。だが、アメリカを選んだ理由の一つとされるクロエ・グレース・モレッツとも破局。

また6月29日には、初の半自伝的フォトブック「What I See(原題)」が出版される予定のほか、今夏ノースロンドンのカレッジを卒業した後、イギリスで母親ヴィクトリアの仕事も手伝うとも言われており、超多忙のブルックリンが9月からどこの大学に行き、どこで暮らすのかは不明だ。

しかし、「ヴィクトリアは、ブルックリンのファションにおけるクリエイティビティとセンスを高く評価しています。ヴィクトリアもロンドンとニューヨークを行き来している生活で、将来ニューヨークにブランチを設立することも考えているようです。ブルックリンには、そこでフォトグラファーやクリエイティブとしての仕事に携わってもらいたいと考えている」そうで、ニューヨークの大学が有力視されているようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報