朝ドラ「わろてんか」抜てきの葵わかなが映画でもヒロインに!

映画「逆光の頃」でヒロインに抜てきされた葵わかな
  • 映画「逆光の頃」でヒロインに抜てきされた葵わかな

タナカカツキのデビュー作である同名漫画を、高杉真宙主演で映画化する「逆光の頃」。古都、京都を舞台に主人公・孝豊(高杉)の幼なじみ・みことへの恋模様を描く作品だ。

そのみこと役を、今年10月2日(月)スタート予定の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8.00-8.15ほか、NHK総合ほか)のヒロイン・藤岡てん役に抜てきされた、若手注目女優・葵わかなが演じることが分かった。

本作がヒロイン役に初挑戦となる葵は「初めて伺ったときは、ヒロインという役に驚きましたが、台本と原作を読むと世界観がしっかりしている作品だったので、撮影前はその作品の雰囲気をうまく出せるか、役になじめるか、とばかり考えていました。

現場に入ってからは監督や孝豊役の高杉さん、方言指導の方とリハーサルやディスカッションを重ねて撮影に挑んだので、一緒に作品を作らせてもらえるように日々感じられて、とても楽しかったです」と振り返った。

一方、高杉は「葵さんと共演するのは初めてですが、一緒に演技をしていて落ち着く方でした。孝豊と葵さん演じるみことは、幼なじみという設定ですが、その役の通り隣にいることが違和感なく不思議に感じることなく、せりふの掛け合いを楽しみながら演じることができました」と初共演とは思えないほど、息もピッタリだったよう。

若手実力派俳優の高杉と葵の初共演に注目だ!

映画「逆光の頃」
初夏、新宿シネマカリテほか全国順次公開
公式サイトhttp://www.gyakko.com
出演=高杉真宙、葵わかな
監督、脚本=小林啓一
原作=タナカカツキ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報