鎌倉のノスタルジックな古民家カフェへ行こう〜長谷編〜

古都鎌倉には、数十年を経てきた趣のある古民家を活用したカフェがたくさん。なかでも、大仏や長谷寺がある江ノ電の長谷駅周辺に集まっている。長谷エリアで外せない古民家カフェ3店をご紹介!

てぬぐいカフェ 一花屋

季節ものからデザイナーものまで、100枚以上のてぬぐいを始め、和雑貨も販売する築約80年の日本家屋を利用したカフェ。縁側とちゃぶ台のある懐かしさのある空間で、癒しのひと時を過ごそう。

てぬぐいカフェ 一花屋。店内からは庭も望める。縁側で庭を眺めながら一服すれば、心安らぐ
  • てぬぐいカフェ 一花屋。店内からは庭も望める。縁側で庭を眺めながら一服すれば、心安らぐ
【写真を見る】抹茶オレ(600円)は益子焼作家、寺門広気さんが手がけた器。特製のビスコッティ(200円)と共に
  • 【写真を見る】抹茶オレ(600円)は益子焼作家、寺門広気さんが手がけた器。特製のビスコッティ(200円)と共に

福日和カフェ

戦後70年残っていた建物を生かしたカフェ。店内には、アンティークや北欧のインテリアがセンス良く配されて、居心地がいい。古いものに囲まれてくつろげば、慌ただしい日々から解放されるはず。

福日和カフェは、白を基調とした店内でカウンターやソファ席がある。手前側にも、もうひと部屋あり、外にはテラス席も
  • 福日和カフェは、白を基調とした店内でカウンターやソファ席がある。手前側にも、もうひと部屋あり、外にはテラス席も
ケーキセット(1100円)。クローブやカルダモンなどのスパイスや生姜が効いた福日和ちゃいは、ヴィンテージカップで。チーズケーキはなめらか
  • ケーキセット(1100円)。クローブやカルダモンなどのスパイスや生姜が効いた福日和ちゃいは、ヴィンテージカップで。チーズケーキはなめらか

NATUDECO

築100年の古民家で営むイタリアン、エッセルンガの脇にあったガレージを活用したカフェ。オーガニックな食材にこだわった菜食メニューが心と体を潤してくれる。

NATUDECOは、むくの木やナチュラルな素材を使ったスタイリッシュな内装
  • NATUDECOは、むくの木やナチュラルな素材を使ったスタイリッシュな内装
「有機玄米と6品のお惣菜プレート」(1400円)は季節と食材により、惣菜が日替わり。ドリンクは「チアフレスカチアシードライム」(640円)
  • 「有機玄米と6品のお惣菜プレート」(1400円)は季節と食材により、惣菜が日替わり。ドリンクは「チアフレスカチアシードライム」(640円)

【東京ウォーカー】

■てぬぐいカフェ 一花屋
住所:鎌倉市坂ノ下18-5
電話:0467-24-9232
時間:10:30~17:00(LO)
休み:火・水
席数:23席(禁煙)
交通:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分

■福日和カフェ
住所:鎌倉市坂ノ下22-3
電話:0467-81-4312
時間:8:00~17:00(LO16:00)
休み:水
席数:30席(禁煙)
交通:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分

■NATUDECO
住所:鎌倉市長谷1-14-26
電話:0467-40-6973
時間:8:00~18:00(LO17:30) ※金16:00~20:00はアペリティーボ営業
休み:不定
席数:26席(禁煙)
交通:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分

鎌倉グルメ、お土産、鎌倉だけの体験などの情報満載!行こう鎌倉観光ページへ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報