小池徹平効果!?映画「ホームレス中学生」の主題歌が好調!

美しい女性4人組の天上智喜は、韓国では大人気だ!
  • 美しい女性4人組の天上智喜は、韓国では大人気だ!

10/25(土)より公開される田村裕原作、小池徹平主演の映画「ホームレス中学生」。その主題歌「Here」がUSEN問い合わせチャートのトップ10に11週連続チャートインしているほど好調だ。

この楽曲を歌うのは、韓国出身女性コーラス&ダンスグループの天上智喜とヒップホップ・ユニットのCLIFF EDGE。天上智喜の4人は韓国で昨年リリースされた1stアルバムが韓国音楽番組や音楽ネットサイト等、各音楽チャートで1位を獲得し、日本ではSEAMOや東方神起のJEJUNGとのコラボレーション経験を持つ今、注目の女性グループ。3人組のCLIFF EDGEも今春にリリースしたメジャー・デビューアルバム「to you」がオリコンチャートで14位を記録するなど、両者とも人気・実力ともにますます目が離せないグループだ。

この異なる注目の2組がコラボレーションした「Here」は、天上智喜4人の温くも美しいコーラスワークとCLIFF EDGEのクールなラップが絶妙なミディアム・バラードとなっており、映画と共に話題を集めている。実はこの曲、7月にO.A.された同ドラマ「ホームレス中学生」の主題歌としても起用されており、ドラマ終了後よりUSENの問い合わせチャートで常にトップ10に入り続けてきた注目曲でもあるという。

ことしは多くのコラボ曲がチャートをにぎわせてきただけに、この楽曲もじわじわと全国に浸透していくのかもしれない。なお、シングルのリリースは映画公開日より3日早い10/22(水)となるので、ドラマや映画を見て楽曲が気になった方はぜひチェックを。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報