HTB この春の番組改編で「さらに道民の一日にon!」

HTB(北海道テレビ)の2017年春の番組改編発表会が28日札幌市内の同局内で行われ、朝夕の情報番組の出演者が勢揃いした。

onちゃんも登場!北海道テレビのこの春の改編の目玉は…
  • onちゃんも登場!北海道テレビのこの春の改編の目玉は…

系列であるテレビ朝日が昼に倉本聰脚本の帯ドラマ、そして週末の夜に「サタデー」「サンデー」両ステーションを始めるなど大型改編を行う中、HTBとしても視聴者に一日を共に楽しんでもらうため朝夕の自社制作の情報番組を強化。道民にさらに寄り添う姿勢を明確に示した。

「イチオシ!モーニング」の新しいポスターを掲げる室岡里美アナウンサー
  • 「イチオシ!モーニング」の新しいポスターを掲げる室岡里美アナウンサー
「ワクワクできるのがスポーツのいいところ」と語る「イチオシ!モーニング」室岡里美アナウンサー
  • 「ワクワクできるのがスポーツのいいところ」と語る「イチオシ!モーニング」室岡里美アナウンサー

朝の情報番組「イチオシ!モーニング」は「ワクワク」「イロイロ」「ドドーン」の頭文字を取った「ワイド」がテーマ。スポーツ担当の室岡里美アナウンサーは「北海道はファイターズだけでなくサッカー、バスケ、ウインタースポーツも盛ん。ワクワクできるのがスポーツのいいところなので、スポーツを見て元気になって欲しいなと思います」と意気込みを語った。木村愛里は「朝、北海道のことを一番詳しくやっているのはこの番組なのでドドーンと自信を持ってわかりやすく伝えていきたいです。ファイターズも室岡さんがドドーンとした態度で伝えてくれます」と笑顔で語った。

「ドドーンと自信を持ってわかりやすく伝えていきたい」と語る「イチオシ!モーニング」木村愛里
  • 「ドドーンと自信を持ってわかりやすく伝えていきたい」と語る「イチオシ!モーニング」木村愛里

同番組のこの春の目玉は、6時半からニュース・スポーツ・エンタメ情報を織り交ぜてワイドに伝える新コーナー「イチモニ ニュースチェック」。その日一番旬な話題を、道民の目線に立ってわかりやすく丁寧に解説する。担当の石沢綾子アナウンサーは「北海道には欠かせないお天気までワイドにお伝えするのはもちろんなのですが、この会見のように私たちは普段からワイワイした雰囲気でお送りしており、それが何より強みだと思います。月曜から土曜まで“ワイワイ”が“土”曜まで続く“ワイド”な番組です」とMCらしくきれいに締めくくった。

「ワイワイした雰囲気が何より強み」と語る「イチオシ!モーニング」石沢綾子アナウンサー
  • 「ワイワイした雰囲気が何より強み」と語る「イチオシ!モーニング」石沢綾子アナウンサー
春からさらに新生活に役立つ新鮮な情報を発信していく「イチオシ!モーニング」
  • 春からさらに新生活に役立つ新鮮な情報を発信していく「イチオシ!モーニング」

会見には子供の頃から見ていたという道内の女子高生も参加していたが、新コーナーはまさに若い世代にもわかりやすく伝えるコーナーを目指すとのことで、この春、幅広い世代にも寄り添う番組になりそうだ。

「番組開始からのスタンスを変えるつもりはありません」と語る「イチオシ!」MCのヒロ福地
  • 「番組開始からのスタンスを変えるつもりはありません」と語る「イチオシ!」MCのヒロ福地

放送開始15年目を迎える夕方の「イチオシ!」は「ミカタを変える、もっとミカタに」をテーマに、さらに道民に寄り添う番組を目指す。特に番組冒頭はMCのヒロ福地と高橋春花アナウンサーが、視聴者が絶対見たいということや伝えたいことを約20分、時間を割いて深掘りしていくという。番組開始からMCを務めるヒロ福地は「視聴者の方と同じ感想を言うという、番組開始からのスタンスを変えるつもりはありません。どんなに制作陣が頑張っても見ている人がわからなかったら意味がありませんので、そこは打ち合わせでも容赦なく厳しく言ってます」と、これまでも変わらず視聴者目線の見方を持った味方でいたいと抱負を述べた。

MC就任から半年がたった「イチオシ!」高橋春花アナウンサー
  • MC就任から半年がたった「イチオシ!」高橋春花アナウンサー

昨年10月にMCに就任した高橋アナは「ヒロさんが自由に、話しやすい雰囲気を作っていくことも私の仕事だと思っています。皆さんに愛される番組作りをこれからも心がけてます」と語るなど、4月以降はこの二人のコンビぶりも注目となりそうだ。

なお、中継リポーターには番組開始時から8年間、ヒロ福地のパートナーを務めた森さやかが4年ぶりに復帰。ビデオ出演した森は「私を育ててくれたイチオシ!に久々に戻って来ることができてうれしい。年を重ねた分、表現の仕方も“年輪”を重ねたと思うので中継現場の雰囲気をリアルに伝えていきたい」と意欲満々。ヒロ福地も「同年代の気持ちがわかる主婦代表としていろいろと番組に生かしてくれるはず」と、二児の母となった森が加わることでさらに幅広い層に寄り添う形になるを期待を寄せていた。

他にも朝日新聞との北海道150年プロジェクトがスタート(6月予定)。2018年に迎える北海道誕生(命名)150周年を記念し、WEBサイトに掲載された約100のニュースから視聴者や読者からエピソードなどを募っていくという。2018年は北海道150周年だけでなくHTBも50周年を迎え、さらに新社屋に移転。2017年はそれに向けた勝負の年となりそうだ。

番組開始から15年目を迎えたHTB夕方の情報番組「イチオシ!」
  • 番組開始から15年目を迎えたHTB夕方の情報番組「イチオシ!」

また、4月9日(日)には「HTB イチオシ!春まつり」をサッポロファクトリーにて開催。人気番組の出演者が勢揃いするほか、去年も大人気だったonちゃんふわふわドームが登場。これに先駆けて3日(月)からは同施設内のレストランなどでonちゃんとのコラボメニューもスタートする。

同局のマスコットであるonちゃんが、4月から北海道大学の特別学生として入学するなど、HTBは番組以外でもより道民に寄り添っていく方針だ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報