スポンジ・ボブとゆかいな仲間達が大集合!東武百貨店へ急げ

世界中で愛される人気アニメ「スポンジ・ボブ」の世界が体験できるイベント「WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ & フレンズ~」が初開催!4月4日(火)まで、東武百貨店 池袋店8階催事場で実施している。今回、スポンジ・ボブとゆかいな仲間達が大集合するイベントを、動画ファッションマガジン「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の鈴木繭さんがレポートしてくれた。

東武百貨店 池袋店8階催事場で「WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ & フレンズ~」を開催中!
  • 東武百貨店 池袋店8階催事場で「WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ & フレンズ~」を開催中!

「スポンジ・ボブを意識してコーディネートしてきたんですよ」と鈴木さん。どんな仲間たちに会えるのか、ワクワクしながら会場内へ!

【写真を見る】人気アニメ「スポンジ・ボブ」の世界が体験できるイベントで、今回が初開催となる
  • 【写真を見る】人気アニメ「スポンジ・ボブ」の世界が体験できるイベントで、今回が初開催となる

エントランスを抜けると、ウェルカムエリアでスポンジ・ボブやゲイリー、イカルドなど、おなじみのキャラクターと撮影できるフォトスポットが。「ゲイリーもお出迎えしてくれて、かわいいですね!」と、鈴木さんも興味津々で見て回る。

「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の鈴木繭さんが体験!「今日のはコーディネートスポンジ・ボブを意識しました!」
  • 「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の鈴木繭さんが体験!「今日のはコーディネートスポンジ・ボブを意識しました!」
スポンジ・ボブの部屋の窓を覗いた鈴木さん。「なんとお風呂に入っています(笑)」
  • スポンジ・ボブの部屋の窓を覗いた鈴木さん。「なんとお風呂に入っています(笑)」

たくさんのクラゲが生息している「クラゲ畑」や、スポンジ・ボブが住む「パイナップルハウス」も忠実に再現。スポンジ・ボブの部屋の窓を覗いた鈴木さんは、「わぁ!お風呂に入ってる(笑)」と、入浴中のシーンを再現したディスプレイに思わずビックリ!

「カーニバーガー」レシピに触ろうとすると、仕掛けが発動!
  • 「カーニバーガー」レシピに触ろうとすると、仕掛けが発動!
キャラクターみんなの大好物「カーニバーガー」の大きさに鈴木さんもびっくり
  • キャラクターみんなの大好物「カーニバーガー」の大きさに鈴木さんもびっくり

スポンジ・ボブが働いている「カニカーニ」を再現したエリアには、キャラクターみんなの大好物「カーニバーガー」が。あまりの大きさに鈴木さんも大興奮!「崩れちゃいそう」とヒヤヒヤしながら持ち上げてみる。レシピに触ろうとすると、驚きのギミックも…。

特大の「トリックアート」も大人気!「リアルでちょっと怖いです~」(鈴木さん)
  • 特大の「トリックアート」も大人気!「リアルでちょっと怖いです~」(鈴木さん)
「スポンジ・ボブ デジタルフォトスポット」は、ARアプリを用いてアニメのワンシーンとの合成写真を撮影できる
  • 「スポンジ・ボブ デジタルフォトスポット」は、ARアプリを用いてアニメのワンシーンとの合成写真を撮影できる

特大の「トリックアート」は人気の撮影スポット。「スポンジ・ボブに食べられちゃう!すごく迫力があっておもしろい」と鈴木さん。「スポンジ・ボブ デジタルフォトスポット」は、ARアプリを用いてアニメのワンシーンとの合成写真を撮影できるデジタルコンテンツ。鈴木さんの顔もスポンジ・ボブに変身!

出口ではオリジナルグッズも販売中。鈴木さんは気に入ったマグカップをゲット
  • 出口ではオリジナルグッズも販売中。鈴木さんは気に入ったマグカップをゲット

「ビキニタウン」を巡りながら、人気キャラクターと一緒にアニメの世界観を楽しめる「WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ & フレンズ~」。出口では、「A4クリアファイル」(400円)や「アクリルキーホルダー」(594円)など、オリジナルグッズも販売中。鈴木さんは「アルファベットがいっぱいでかわいい!」と、マグカップが気に入ったよう。入場料は中学生以上の大人が500円、4歳~小学生までの子どもが300円、3歳以下は無料となっている。愉快なキャラクターたちに会いに、東武百貨店 池袋店へ出かけよう!【ウォーカープラス編集部】

■WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ&フレンズ~
期間:3月23日(木)~4月4日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は18:00閉場) ※最終入場は閉場時間の30分前まで
会場:東武百貨店池袋店8階催事場
料金:大人(中学生以上) 500円、 子ども(4歳から小学生)300円、3歳以下無料

(C)2017 Viacom International Inc. Created by Stephen Hillenburg.

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報