メッセンジャー黒田の舞台「つな」大阪5回公演決定!

お笑いコンビ・メッセンジャー黒田 有による舞台「つな」が、ABCホール(大阪市福島区)にて、5月19日(金)から21日(日)まで全5回公演が実施される。

メッセンジャー黒田有による舞台「つな」。5月19日(金)から21日(日)の期間にABCホールにて全5回公演実施
  • メッセンジャー黒田有による舞台「つな」。5月19日(金)から21日(日)の期間にABCホールにて全5回公演実施

舞台「つな」は、昭和20年の堺で起きた大空襲をモチーフにしたフィクション。堺大空襲からなんとか生き延びることができたタツヤ、ケンタ、アキラ、マリ、ユキの5人の子供たちは、女郎屋の女将であるチエばあの力を借りて、力強く一生懸命もがきながら“夢”を持って必死に生きていた。しかし、ある日チエが誰かに殺され、彼女が蓄えたお金も消えてしまうという事件に遭遇することに…。それから幾年月かが経ち、大人に成長した5人。時代に翻弄されながらも懸命に生きていく子供たちの姿を描く“夢”を追った物語だ。

本公演で黒田は、出演のほか脚本と演出も担当。キャストには、お笑いコンビ・スマイルのウーイェイよしたか、タレントの山本量子や小塚舞子、エンターテイメントユニットTHE ROB CARLTONの村角ダイチ、ボブ・マーサム、友情出演でザ・プラン9のお〜い!久馬といった面々が名を連ねる。

昭和20年の堺を舞台に、5人の子供と1人の老女が時代に翻弄されながらも懸命に生きていく姿を描く物語
  • 昭和20年の堺を舞台に、5人の子供と1人の老女が時代に翻弄されながらも懸命に生きていく姿を描く物語

メッセンジャー黒田プレゼンツ「つな」は、5月19日(金)から21日(日)にABCホールにて上演。チケットの一般発売は、4月1日(土)の10時よりチケットよしもとほかで開始。【関西ウォーカー編集部/大西健斗】

■メッセンジャー黒田プレゼンツ「つな」
会場:ABCホール
住所:大阪市福島区福島1-1-30 朝日放送内
日程:5月19日(金)~21日(日) 全5回公演
時間:19日(金)19:30~、20日(土)13:00~/17:00~、
21日(日)11:00~、15:00~
※各回30分前開場
料金:4000円(全席指定)
※未就学児童入場不可

原案:大塚雅史
脚本:黒田たもつ
演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)、黒田たもつ
舞台監督:久保克司(STAFF STATION)
出演:柄谷吾史、村角ダイチ(THE ROB CARLTON)、ウーイェイよしたか(スマイル)
山本量子、小塚舞子、魔瑠、黒田 有(メッセンジャー)、岸本華和、ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
橋田雄一郎(転球劇場)、早川貴大、お〜い!久馬(ザ・プラン9)※友情出演 ほか
制作:猪瀬典子(Quantum Leap*)
制作協力:Quantum Leap
主催:吉本興業
企画・制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

キーワード

[PR] おすすめ情報