「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」佐藤祐市監督、品川祐 来札インタビュー!

佐藤祐市監督(写真左)と品川祐(写真右)
  • 佐藤祐市監督(写真左)と品川祐(写真右)

11/21(土)ユナイテッドシネマ札幌ほかで公開の「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」。「キサラギ」(’07)で日本アカデミー賞4部門、話題賞を受賞した佐藤祐市監督と、最近は芸人だけでなく、監督や小説家としての活躍も目立つ品川祐が来札。映画のテーマである「働く」ということ、また主人公を演じた小池徹平さんについて聞いてみた。

●残業・徹夜は当たり前の過酷な職場を舞台に繰り広げられる今回の映画。お2人にとって『働く』とは一体どういうことでしょう?

佐藤「僕の場合は次に繋げるため、というのが大きいです。仕事を通じていろんな人と出会える楽しみ、その楽しみを続けるために今ある仕事を頑張る、働いていくっていう」

品川「仕事を仕事と思ってないんですよね。好きだからやってる、というかこんな楽な仕事はないよなと思うくらい。ただ、来年には仕事がないかもしれないとか、最初の5〜6年食えない時期が続くとか、楽なことばかりなわけでもないですし。どんな仕事でもリスクなり喜びなりはあると思うので、リスクばかり考えるんじゃなく、良い部分っていうのをちゃんと感じていければいいと思いますよ」

●小池徹平さんの印象は?

佐藤「彼はアイドルとしての面だけじゃなく、ちゃんと役者もできる人で、礼儀正しいんですよ。だから彼がいることによって、和やかな現場でいられましたね。仕事はプロとしてちゃんとやるし、だからこそプロフェッショナルとして集まった皆さんも彼を支えるべく一緒に作っていけたんじゃないかな、と。ぜひこの映画で彼が役者としてもう一段上がってくれたらいいなと思います」

品川「年的には僕が上なんですけど、役者としては徹平くんのほうが場数をこなしてますから、『すごい上手い役者の先輩』として見てました。あと感じたのは、徹平君ってほめられたら『ありがとうございます』って素直にいうんですよ、謙遜しないで。それがすごい気持ちいいなと思って。僕はほめられると、素直に喜べなくて笑顔がひきつっちゃうんですけど。徹平君を見ていて、学ぶところは多かったです。若いけれど、しっかりとした座長さんでしたね」

○プロフィール

・佐藤祐市…1962年、東京都生まれ。テレビドラマ「僕の生きる道」(’03)、「シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜」('08)などを演出。劇場映画では「キサラギ」(’07)、「守護天使」(’09)などを監督。

・品川祐…1972年、東京都生まれ。お笑いコンビ「品川庄司」として活躍するほか、「ガリレオ」(’07)をはじめとしたテレビドラマ・映画などで役者としても数多くの作品に出演。自身の小説の映画化「ドロップ」(’09)では監督も務めている

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報