映画

飯豊まりえ、清水富美加のために「私が頑張らなきゃ」とプレッシャー明かし涙

MovieWalker 2017年4月1日 19時01分 配信

すべての写真を見る(11件)
清水富美加と飯豊まりえがW主演を務める映画『暗黒女子』の初日舞台挨拶が4月1日に新宿バルト9で開催され、飯豊をはじめ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大、耶雲哉治監督が登壇。耶雲監督から奮闘を称えられた飯豊が「富美加ちゃんのために、私が頑張らなきゃと思った」と涙をこぼしつつも、気丈に語った。

本作は、全校生徒の憧れの的だった美少女の謎の死の真相を巡り、女子高生たちの知られざる一面が明らかになっていく姿を描く衝撃のミステリー。W主演のひとりである清水の出家騒動により、一時は公開も危ぶまれた本作。

この日のために手紙をしたためてきた耶雲監督は、「清水富美加ちゃんはこの場にはいません。とてもさびしく思っています」と切り出し、「誰よりもこの映画の撮影で苦労したであろう飯豊まりえちゃん。プロモーションでも、主演として急遽、ひとりでこの映画を背負うことになったプレッシャーは大変なものだったと思います」とねぎらうと、飯豊の頬を涙がつたった。

さらに耶雲監督は「主演の責任を懸命に果たしました。飯豊まりえは本当の女優になった。男前になりました。自信を持ってください」と熱いメッセージを送ると、飯豊は「ありがとうございます」と声を絞り出した。

飯豊は「実は、最初は富美加ちゃんに甘えようと思っていた。番宣も富美加ちゃんがいるから大丈夫だと思っていた」と清水に頼ろうとしていたことを告白。「それが富美加ちゃんがここにはいなくなってしまって。一人で走らなければならないとなった時、いつもだったら『無理』と思ってしまうけれど、富美加ちゃんのために私が頑張らなきゃと思ってここまで来た」と不安ながら、歯を食いしばる思いで初日まで走り続けたと言う。

「きっと富美加ちゃんもニュースなどで見てくれると思うし、伝わっていると思う。私はこの場にちゃんと立てて、こういう風に言えてよかったと思います。7人で映画を作れて本当に幸せでした」と公開できたことの喜びを噛み締め、「自分の殻を破った」と悪女役への充実度もたっぷり。会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】

暗黒女子

2017年4月1日(土) 公開

読んでイヤな気持ちになるミステリー“イヤミス”というジャンルで人気となった秋吉理香子の小説を映画化。とある女子高で起きた美少女転落事故を巡り、女子高生...

おすすめ情報