鎌倉のフォトジェニック桜スポット4選

鎌倉を散策するといたるところに美しい花があることに気付くはず。そしていまは桜の時期! ソメイヨシノを中心に、ヤエザクラやシダレザクラなどさまざまな種類の桜が咲き乱れる。数あるお花見スポットから編集部が選んだお花見スポットはこちら。

鶴岡八幡宮

三大八幡宮の一社とも言われ、源氏ゆかりの神社としてその名をとどろかせる。境内は四季折々の自然にあふれ、一年を通じて楽しめる。

参道の「段葛(だんかづら)」から三ノ鳥居をくぐると、右手に源氏池(写真)、左手に平家池があり、ソメイヨシノが水面を彩る(鶴岡八幡宮)
  • 参道の「段葛(だんかづら)」から三ノ鳥居をくぐると、右手に源氏池(写真)、左手に平家池があり、ソメイヨシノが水面を彩る(鶴岡八幡宮)

お茶と花見を両方楽しめるのが、三ノ鳥居をくぐって左手にあるカフェ「風の杜」。平家池を望む窓際席が人気だ。

【写真を見る】カフェ「風の杜」では「鎌倉チーズタルト」などのオリジナルスイーツや紅茶が人気(鶴岡八幡宮)
  • 【写真を見る】カフェ「風の杜」では「鎌倉チーズタルト」などのオリジナルスイーツや紅茶が人気(鶴岡八幡宮)

鎌倉大仏殿高徳院

「鎌倉大仏」として知られる高さ11.3m、重さ約12tの仏像が本尊の寺院。境内には約60本の桜があり、鎌倉の代表的な花見スポットだ。

与謝野晶子が「美男」と歌に詠んだ鎌倉大仏を桜が鮮やかに彩る(鎌倉大仏殿高徳院)
  • 与謝野晶子が「美男」と歌に詠んだ鎌倉大仏を桜が鮮やかに彩る(鎌倉大仏殿高徳院)

成就院

1219年、鎌倉幕府三大執権・北条泰時が創建。本尊の不動明王に縁結びの御利益があると人気だ。108段の階段をあがった山上にあり、由比ヶ浜の眺望が見事。

山門前の桜のピンク、海と空の青のコントラストが美しい(成就院)
  • 山門前の桜のピンク、海と空の青のコントラストが美しい(成就院)

ハイランド

鎌倉市と逗子市の間にある住宅地「ハイランド」にある1km以上続く桜並木。桜のトンネルを体感するのならこちらがおすすめ。高台からは相模湾を一望でき、晴れた日には富士山も見られる。

比較的人が少なく、ゆったりと桜のトンネル下の散策が楽しめる(ハイランド)
  • 比較的人が少なく、ゆったりと桜のトンネル下の散策が楽しめる(ハイランド)

【東京ウォーカー】

■鶴岡八幡宮
住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話:0467-22-0315
時間:6:00~20:30
休み:なし
交通:JR、江ノ島電鉄鎌倉駅東口より徒歩13分

■鎌倉大仏殿高徳院
住所:鎌倉市長谷4-2-28
電話:0467-22-0703
時間:4月~9月8:00~17:30、10月~3月8:00~17:00(最終入場は各15分前)
休み:なし
料金:拝観料200円、体内見学別途20円
交通:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩7分

■成就院
住所:鎌倉市極楽寺1-1-5
電話:0467-22-3401
営間:8:00~17:00
休み:なし
交通:江ノ島電鉄極楽寺駅より徒歩3分

■ハイランド
住所:鎌倉市浄明寺6付近~逗子市久木8付近

鎌倉グルメ、お土産、鎌倉だけの体験などの情報満載!行こう鎌倉観光ページへ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報