• ニュースウォーカー
  • 映画
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』バトー役俳優は、押井守版アニメの大ファン!「50回は観た」

映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』バトー役俳優は、押井守版アニメの大ファン!「50回は観た」

MovieWalker 2017年4月6日 12時27分 配信

すべての写真を見る(10件)
士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」をハリウッドで実写映画化する『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)。日本が世界に誇るSFアクションの実写化とあって大きな注目を集める本作で、人気キャラクターのバトーを演じているのが、デンマークの俳優ピルー・アスベックだ。来日したピルーを直撃すると、「アニメ版は50回は観ているよ!」と「攻殻機動隊」の大ファンであることが明らかとなった。

近未来を舞台に、脳以外は全身義体の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、エリート捜査組織・公安9課を率いてサイバーテロ組織と対峙する姿を描く本作。押井守監督のアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)、続編となる『イノセンス』(04)も今なお世界中を魅了しているが、主人公の相棒となるバトーはその中でも高い人気を誇るキャラクターとなっている。

がっしりとした肉体、ユーモアあふれる人柄もバトー役にぴったりのピルー。漫画やアニメの実写化において、どれだけリスペクトを注いで作られたかは重要な鍵となるが、ピルーはもとよりアニメ版の大ファンだったのだとか。「『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』と出会ったのは、僕が14歳の時。僕は少なくとも50回は観ているよ(笑)。あの映画はアートだと思うし、僕自身も初めて観た時は多感な年頃で、アイデンティティを模索するというストーリーにものすごく共感できたんだ」。

うれしい抜擢となったかと思いきや、「もちろんバトーは、大好きなキャラクターなんだ。でも彼は元軍人で戦う人だけれど、僕は平和主義者。共通点がなかなか見出せなかったし、演じることはとても難しいと思った」と大好きなキャラだけに、不安もあった。

そんな時、糸口となったのが原作コミックだったそう。「士郎さんの原作を読んで、『これがバトーだ!』と思うことができた。ピザもビールも大好きな男。僕と同じさ。漫画版の方が少年ぽいところもあるよね。電脳上で、少佐と女性がセックスをしているところにバトーが入り込んじゃって、『うわお!』となるシーンがあっただろう?あのシーンを見た時に、バトーのシャイな一面を感じて、すごく人間らしくていいなと思ったんだ」。

士郎の原作について、「1989年にすでに我々の世界の未来を見ていたなんて、本当にすごいこと。僕は士郎さんを“預言者”と呼びたいよ」と賛辞が止まらないピルー。「ルパート(・サンダース監督)も『攻殻機動隊』の大ファン。80年代のサイバーパンクも取り入れているし、ファッションや音楽も80年代を意識している。それは僕らの士郎さんへのオマージュだよ」とリペクトありきで、一丸となって実写化に挑んだ。

もちろん、容姿も忠実に再現。レンズのような義眼のメイクは、毎日4時間ほどかけて完成させた。「あのメイクをすると、視界がものすごく狭いんだよ。アクションをしていても距離感が測れなくて、相手の顔をぶん殴っちゃったり、歩いていても車に正面衝突しちゃったり、ものすごく大変だった(笑)。今回の映画では、最初はバトーは肉眼で、途中から義眼になる。僕はそこがすごく気に入っているんだ。英語で『心の窓は目である』という言葉があるように、俳優は観客と目を通して繋がるものなんだと思っている。もしバトーが最初から義眼だったら、観客と繋がりを持つことが難しかったかもしれない。バトーの内面にまで入り込むために、とてもよかったと思っているよ」。

「あまりにもコミックとアニメがパワフルなものだった。それをなんとか形にすることができればと思って取り組んで来た。僕らは誇りに思っているし、何と言っても一番大事なのは、日本の方が受け入れて、いいなと思ってくださること」と心を込めて語ってくれたピルー・アスベック。「宮崎駿の作品も大好き」だそうで、娘さんが『もののけ姫』のコスプレをした写真を見せてくれたりと、ジャパニーズカルチャーへの愛を爆発させていた。【取材・文/成田おり枝】

ゴースト・イン・ザ・シェル

2017年4月7日(金) 公開

押井守監督などによってアニメ化されてきた士郎正宗の人気コミックを、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドで実写映画化したSFアクション。近未来を舞台...

おすすめ情報