映画

初来日のクリス・プラットら『ガーディアンズ』メンバーに日本のファン大熱狂!

MovieWalker 2017年4月11日 11時08分 配信

4月10日、マーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日公開)のカーペットイベントが新豊洲 Brillia ランニングスタジアムにて開催。現在来日中のキャスト&スタッフと、日本語吹替えキャストが一堂に会し、集まったファンを爆笑&熱狂させた。

すべての写真を見る(11件)
イベントには今回が初来日となる主人公ピーター・クイル/スター・ロード役のクリス・プラットを筆頭に、ガモーラ役のゾーイ・サルダナ、ドラックス役のデイヴ・バウティスタ、そして本作のメガホンを握ったジェームズ・ガン監督が登場。また、日本語吹替えキャストからは、山寺宏一、秋元才加、加藤浩次、遠藤憲一が参加した。

来日したメンバーは、詰めかけたファンからのサイン&写真攻めに対し、約1時間、じっくり丁寧に時間をかけながら対応。コスプレ姿の熱狂的なファンたちの姿を見ると、キャストたちは喜びの表情をにじませていた。

会場に設置されたステージで初顔合わせとなった来日メンバーと吹替えキャスト陣。クリスは自ら山寺に握手を求めに行き、日米のスター・ロードの共演が実現!会場からは大歓声が巻き起こった。

MCから挨拶を求められたガン監督は「アイ・ラブ・ユー!」と声を荒げ、日本のファンたちの前に立った喜びをストレートに表現。一方、ドラックス役のデイヴは予告に登場する「ハッハッハ!」という豪快な大笑いを全力で再現し、サービス精神の旺盛さを見せつけた。

悪口を言い合いながらもチームワーク抜群の“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”にちなみ、クリスに対して「チームが上手くいく秘訣は?」という質問が。クリスは「リーダーの“資質”が秘訣さ」と、ドヤ顔を決めたと思いきや「そう、僕らのリーダー、ジェームズ・ガン!彼は素晴らしい映画を作ってくれた」と茶目っ気たっぷりに監督を褒めたたえた。

イベントの最後には、来日メンバーが「ガーディアンズだよ!」とコールし、吹替えキャストとファンが「全員集合!」とレスポンス。映画公開までのカウントダウンが開始され、イベントは大盛況で幕を閉じた。【取材・文/トライワークス】

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

5月12日(金) 公開

マーベル・スタジオのキャラクターの中でも最もユニークなヒーロー・チーム、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍を描く、人気シリーズの第2弾。チームの...

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2014年9月13日(土) 公開

宇宙のはみ出し者たち5人組のチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍を描くアクション・アドベンチャー。強大な力を持つパワー・ストーン“オーブ...

おすすめ情報