映画

“春の3強アニメ”の勢い止まらず!『SING/シング』が2017年公開作で初のV4

MovieWalker 2017年4月11日 14時12分 配信

4月8・9日の興収ランキングは、もはや今年の“春の3強アニメ作品”ともいえる『SING/シング』、『モアナと伝説の海』、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』のデッドヒートが継続中!3作品ともに累計収入は40億円以上をマークしており、その勢いは衰え知らずだ。

すべての写真を見る(5件)
『SING/シング』は、初週から4週連続で1位を達成。4週連続の首位獲得は、2017年に公開された作品では洋邦合わせて初の快挙となっている。この土日2日間では23万6000人を動員、興収は3億1000万円を上げており、累計動員330万人、累計興収40億円まで達した。この勢いのままゴールデンウィークに突入すれば、同じイルミネーション・スタジオ作品の『ミニオンズ』(15)が持つ最終興収記録の52億円を塗り替える可能性が大きくなってくる。

2位の『モアナと伝説の海』は、土日2日間で動員18万7000人、興収2億5000万円を記録。こちらも、4週連続で2位をキープする結果に。累計動員数は360万人、累計興収は44億円を突破した。そして、公開6週目となる『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は先週から1つ順位を落とし4位にランクイン。『SING/シング』同様、累計興収は40億円を超えている。

そのほか、今週は新作2本がトップ10入り。初登場で3位に食い込んだのは、『ゴースト・イン・ザ・シェル』。士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写化…という“日本発”の話題性も追い風に。土日2日間で動員17万1000人、興収2億7300万円をあげている。

7位には、森見登美彦のベストセラー小説をアニメ化した『夜は短し歩けよ乙女』がランクイン。大ブレイク中のシンガーソングライター・星野源が主人公役、人気声優・花澤香菜がヒロイン役を務め、注目度や話題性も抜群だった。【トライワークス】

SING/シング

3月17日(金) 公開

動物だけが暮らす、人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場が企てた世界最高の歌のオーディションに参加しようとする、ワケありな動物たちが繰り広げる...

モアナと伝説の海

3月10日(金) 公開

南の島で育ち、“海に選ばれた少女”モアナの冒険を描く、ディズニー・アニメーションによる神秘的なストーリー。『リトル・マーメイド』や『アラジン』といった...

ゴースト・イン・ザ・シェル

4月7日(金) 公開

押井守監督などによってアニメ化されてきた士郎正宗の人気コミックを、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドで実写映画化したSFアクション。近未来を舞台...

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

3月4日(土) 公開

子供からお年寄りまで幅広い層から支持される国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第37作。不思議な腕輪に導かれるように10万年前の世界を訪れたのび太た...

夜は短し歩けよ乙女

4月7日(金) 公開

京都を舞台に、後輩に思いを寄せる先輩の姿を描く、森見登美彦のベストセラー青春恋愛小説をアニメ映画化。俳優や歌手など多彩な顔を持つ星野源が“先輩”役でア...

おすすめ情報