サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

主人公役に羽多野渉 大人気ボーイズラブコミックス「SEX PISTOLS」がOVA化!(2)

取材に応じたOVA「SEX PISTOLS」メーンキャストたち
  • 取材に応じたOVA「SEX PISTOLS」メーンキャストたち

──ご自身が演じたキャラクターについての印象は?

羽多野:しろの場合は中学時代の回想シーンでも描かれていた理想と、今ある現実のギャップに悩んでいる場面から始まります。本編中での彼は恋愛感情を抑え込むことで"今、米国と一緒に居られることの喜び"を感じているんですよね…。演じる上でもそういった気持ちを特に意識して演じさせてもらいました。

杉田:米国は状況をかき乱したり相手を翻弄(ほんろう)して楽しむタイプのキャラクターだと思います。自分自身に関することを突っ込まれてもひょうひょうとかわしていく。しかし、彼自身の許容範囲量をオーバーするような事態が起こったときはうまく受け流せずに本来の未熟さが出てしまっています。そんな部分も米国の"かわいげ"につながっていると感じました。

下野:ノリ夫はすごく感情豊かなキャラクターで、いつもワーギャーワーギャー1人で騒いでいるイメージですね。自分的にも演じやすいタイプの役柄だったので本当に楽しんで演じさせてもらいました。また、彼が猫叉の先祖返りだからなのか、台本にも「ニャ」などの単語がチラチラと見えたので、それに合わせてアドリブを入れてみたりもしました。こんなにかわいらしいキャラクターを、29歳になった今でも演じさせてもらえるというのはうれしいですね(笑)。

川原:国政は米国の弟なんですが、いろいろな事実を知っているキャラクター。みんなのことを心から心配しつつも、それを表に出さずに陰で調停していくような役回りでしょうか。一方で、本当に好きな相手と出会うことで少しずつ弾けていくような部分もあって…そういった"ふたつの側面"をうまく出せたらいいなと思いつつ、演じさせてもらいました。

野島:OVA vol.1だけだと出番が少ないので、王将について語るのは難しいんですが…しろに対する思いや、周りに対する気持ちなど、あらゆる感情を素直に表現するタイプのキャラクターだと感じています。周りのキャラクターとのバランスも考え、いい意味で目立たないように演じさせてもらいました。

遊佐:みんなのコメントを聞いていて「いいなぁ……楽しそうだな」と思いつつも、保育士役の僕は誰とも絡むことができませんでしたが(笑)、お子たちを通じて皆さんに説明をするという重要な役割を頂きましたので、精一杯しゃべらせていただきました。子ども向けという割にはかなり早口の説明になってしまいましたが……きっと絵でフォローしてくださっていることでしょう(笑)。

──演じてみて「ここを見てほしい!」というポイントを教えてください。

羽多野:米国とのやりとりでは印象的なものが多くありました。特にしろが自分の感情を抑圧しようとするシーン! 自分の好きな人の口から「あいつは特別だから」と違う人の名前が出てきたら、普通ならはらわたが煮えくり返りそうになるじゃないですか。でも、そこを一生懸命に落ち着かせようとする彼の姿にはすごく同調できました。

杉田:この「SEX PISTOLS」という作品自体の映像化が初めてなので、"ここが面白かった"という部分は見ている皆さんの中で自然と生まれてくるものだと思います。

下野:基本的にノリ夫が出てくるのはコメディー色が強いシーンが多いと思います。vol.1ではしろと米国の恋愛模様が中心になっていますが、ノリ夫と国政のやりとりにも注目してみてください。

川原:漫画を愛してくださった方にとっては「あのシーンがこうやって動くんだ!」という感覚であらゆる部分が楽しめると思います。僕自身、収録中に見ていて「こんなのを見せられたら、そりゃ国政もオチるわ!」と思うようなシーンもありましたし(笑)。きっと動いている彼らの破壊力に圧倒されているうちに、あっという間に30分がたってしまうんじゃないかと思います。コメディー色が強い部分とシリアスな部分の緩急もすごく心地いいですね。

野島:やはり全編が見どころだと思います。OVAでのリリースということなので、際どいシーンもカラーで動いて見られるというのは特に貴重ではないかと。映像もきれいですので、ぜひとも恥ずかしがらずにご覧になってほしいと思います!(笑)

遊佐:OVAから入る人は「しろって何者なんだろう?」という疑問を抱くかもしれませんが、本当にvol.2が待ち遠しくなるような内容になっています。米国の複雑な内情もキッチリと描かれてますし、見どころ満載ですね…。個人的に注目したのは米国が女性を相手にするシーン! 1人ではなく2人の女性を一度に相手にする彼には底知れないパワーを感じましたね(笑)。男性からしたら女性たちの下着のギリギリさ加減も気になりました(笑)。

(3)へ続く

DVD「SEX PISTOLS」
vol.1 '10年3月26日(水)発売予定
Limited edition 9975円(税込)/Normal edition 6510円(税込)

vol.2 '10年6月25日(水)発売予定
Limited edition 9975円(税込)/Normal edition 6510円(税込)

発売元・販売元:フロンティアワークス

公式HP
http://s-pistols.com/

キーワード

[PR] おすすめ情報