「私はファザコンかも」穂のか、父・貴明への思い明かす

「SHIBUYA STATION ART COMMONS(ハチ公広場・青ガエル)」の1日駅長として登場した、女優の穂のかさん。渋谷は毎日来るほど大好きな街なのだとか
  • 「SHIBUYA STATION ART COMMONS(ハチ公広場・青ガエル)」の1日駅長として登場した、女優の穂のかさん。渋谷は毎日来るほど大好きな街なのだとか

11/22、「渋谷芸術祭」の特別ゲストとして、女優の穂のかさんが「SHIBUYA STATION ART COMMONS(ハチ公広場・青ガエル)」の1日駅長として登場。好きな人がなぜか父親(とんねるずの石橋貴明さん)に似てしまうことや、父親とのデートの思い出などを赤裸々に語った。

クリスマスも近いことから、理想の男性像について聞かれた穂のかさんは、「自分に余裕のある方が好きですね。半人前の私を包んでくれるような…」とコメント。報道陣から「お父さんのような?」と聞かれると、「そうなんですよ。いつも好きになる人が、どこか父に似ていて…。それに気づいた時は、自分でも『ファザコンか!?』とドキッとしてしまいました」と、照れながらも父・貴明さんへの愛情を語った。

また、20歳の誕生日には原宿で貴明さんと買い物を楽しんだようで、「やっぱり人が多いので目立ってしまいましたけど、父との買い物は楽しかったです。プレゼントですか? その時は時計を買ってもらいました!」と、うれしそうに話していた。

穂のかさんは、「毎日渋谷に来ます」というほど、渋谷が日常の一部になっているのだそう。いつもは、本屋さんに寄ったり映画を楽しんだりするそうだが、「もし彼氏ができたら、イルミネーションを見ながら手をつないで散歩したい」と、プライベートの希望も明かした。

「今後も映画のお仕事をいっぱいしたいですが、今は好き嫌いせず、何にでもチャレンジしていきたいです」と、仕事への意欲も語った穂のかさん。2010年も、彼女の活躍から目が離せなさそうだ。 【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報