「麻婆豆腐」「回鍋肉」「エビチリ」etc.…。覚えておきたい中華料理の定番レシピ5選

「麻婆豆腐」
  • 「麻婆豆腐」

にんにくやしょうがなどの香味野菜を使い、風味よく作る中華料理。ご飯が進むおかずになるのはもちろん、大皿に盛り付けて取り分けすればおもてなしにも使えます。今回は、定番だからこそマスターしたい中華料理5品をご紹介。覚えておけば一生使えるものばかりですよ。

【麻婆豆腐】(1人分189Kcal、塩分1.5g)

<材料・4人分>絹ごし豆腐 1丁、豚ひき肉 150g、にんにくのみじん切り 小さじ1/2、しょうがのみじん切り 小さじ1、長ねぎのみじん切り 1/4本分、甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1、豆板醬(トウバンジャン) 小さじ1、とりガラスープの素 小さじ1、粉ざんしょう 適宜、水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ1、水 小さじ2)、サラダ油、みそ、酒、砂糖、こしょう、ごま油

<作り方>

1. フライパンにサラダ油小さじ2を熱し、ひき肉を入れて炒める。ポロポロになったらにんにく、しょうがを加えて炒め、香りが立ったらみそ大さじ1を加えて炒める。

2. 1のみそが全体にまわったら、甜麺醤と豆板醤を加えて炒める。水1カップ、酒大さじ1、スープの素、砂糖小さじ1~2、こしょう少々を加えて混ぜ、煮立ったら豆腐を1.5cm角に切って加えて煮る。時々、フライパンを揺すって、豆腐に煮汁がからむようにする。

3. 約10分煮たら、ねぎを加えて軽く混ぜ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。フライパンの鍋肌からごま油小さじ1を回し入れて香りをつけ、粉ざんしょうを多めにふる。粉ざんしょうのスッとした香りと、刺激のある辛みが、麻婆豆腐をグッと本格的な味わいに仕上げます。仕上げにかけたり、皿に取り分けてから、好みでかけたりしても。

麻婆豆腐の「麻」は、中国では「舌がぴりぴりする」という意味。粉ざんしょうを振りかけることで、刺激的なピリッと辛い麻婆豆腐に仕上げられます。

【本格回鍋肉(ホイコーロー)】

花椒(ホアジャオ)入りのお湯でしっかりゆでた豚肉で作ります。とろりと柔らかいお肉はクセになるおいしさ。

【写真を見る】「本格回鍋肉(ホイコーロー)」
  • 【写真を見る】「本格回鍋肉(ホイコーロー)」

【油淋鶏(ユーリンチー)】

揚げたとり肉は、外がパリパリで中がジューシー。細かく刻んだ香味野菜入りの甘辛いタレはご飯が進む味です。

「油淋鶏(ユーリンチー)」
  • 「油淋鶏(ユーリンチー)」

【エビチリ】

殻をむききらずに残したエビの尾からしっかりだしが出ます。ぷりっとしたエビとシャキシャキのチンゲン菜の食感を楽しんで。

「エビチリ」
  • 「エビチリ」

【青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)】

本格的な味なのに調理時間はわずか10分。お弁当のおかずにもおすすめの1品です。

「青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)」
  • 「青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)」

作ってみると意外と簡単な中華料理。おもてなしの時には、餃子やシューマイなどの点心と一緒に出したらきっと喜ばれますよ。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

詳しいレシピはこちら!
麻婆豆腐
本格回鍋肉(ホイコーロー)
油淋鶏(ユーリンチー)
エビチリ
青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報