すっぴんは西田敏行似!柳原可奈子が宝くじ当せんを願掛け

1等・前後賞合わせて3億円が当たる今年最後のチャンスの「年末ジャンボ宝くじ」。柳原可奈子さんは3億円当たったら家を買うのだとか
  • 1等・前後賞合わせて3億円が当たる今年最後のチャンスの「年末ジャンボ宝くじ」。柳原可奈子さんは3億円当たったら家を買うのだとか

11/24、ついに発売開始となった「年末ジャンボ宝くじ」。その宝くじの“メッカ”ともいえる「西銀座チャンスセンター」(東京都中央区)に、お笑いタレント・柳原可奈子さんが登場。メイクを落としたら、CMで共演している俳優の西田敏行さんとうり二つという衝撃的(?)な事実を明かし、宝くじの購入者に笑いをプレゼントした。

今年の「年末ジャンボ宝くじ」のCMで西田さんと共演している柳原さん。撮影中は、西田さんが柳原さんのファンということもあり終始盛り上がったのだとか。

「私たちは“ぽちゃかわいい”ので、見た目的にも福を呼び寄せそうじゃないですか? だからいいコンビだよねって言ってましたね。しかも私、メイク落としたら素顔が西田さんそっくりなんですよ。首から下も似てるんですけど、首から上もうり二つで(笑)」と、キュートな笑顔からはちょっと想像できない事実明かし、会場を笑いに包んだ。

また、実際に宝くじの購入者にジャンボ扇で「当せんしますように!」と活を入れたり、実際に窓口でお客さんを「いらっしゃいませ〜!」と呼び込んだり、忙しく動き回る柳原さん。とはいえ最終的には自分の分の宝くじをしっかりと購入し、「3億円当たったらどうするの?」という質問には、「家買います」と堅実的な夢を語った。

この日、朝8:30の発売を待たずして「西銀座チャンスセンター」には、日比谷方向まで約1050人の大行列が出現。特に「1番窓口」は大人気で、発売後もどんどん行列は伸び、9:30の時点では「1番窓口、3時間半待ちです!」との掛け声も聞こえた。

1等・前後賞合わせて3億円が当たる今年最後のチャンスであるとともに、1等「2億円」と2等「1億円」の当せん本数を合わせた“億万長者”が210人も誕生する、今年最大の「年末ジャンボ宝くじ」。加えて、「元気に2010年賞」の100万円が7000本も用意されているので、今まで買っていなかった人も今年は“乗っかって”みては? 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報