いまや秋の風物詩!? 日本橋で「べったら市」が開催!

大盛り上がり!「べったら市」
  • 大盛り上がり!「べったら市」

江戸中期の中ごろから続く伝統行事「べったら市」が、10/19(日)・20(月)に宝田恵比寿神社とその周辺(中央区日本橋本町3丁目)で開催される。約300〜400軒の露天が軒を連ね、19日はお神輿も出て“江戸” の粋な祭りを盛り上げる。

10月20日の恵比寿講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのが起源。当時、浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから「べったら市」と呼ばれるようになったとのこと。

ところで、この「べったら漬け」という名前…

アメと麹で大根を漬け込んでいるため、衣服に“べったり”とついてしまうことがその由来だと言われている。「べったりつくぞぉ〜、べったりつくぞぉ〜」と叫びながら大根を振り回して参詣客の着物の袖につけてからかったそうだ。

さて、ことしの「べったら市」は19日が日曜日ということもあり、例年以上の混雑が予想される。また、翌20日には落語家の林家いっ平師匠が駆けつける予定だ。【東京ウォーカー】

日時 :08年10月19日(日)、20日(月)12:00〜21:00
会場 :宝田恵比寿神社とその周辺
交通 :JR総武線新日本橋駅、東京メトロ日比谷線小伝馬町駅、都営新宿線馬喰横山駅、都営浅草線人形町駅

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報