グルメ

オシャレすぎるヨックモックのゼリー「キャトル ジュレップ」を実際に食べてみた!

東京ウォーカー(全国版) 2017年4月21日 19時45分 配信

株式会社ヨックモックが、4月20日に発売した夏季限定の「キャトル ジュレップ」(単品価格405円)。食感と味を幾重にも重ねた、夏にふさわしい涼やかなサマーデザートは、“つるりん”となめらかな食感のジュレ、“キラキラ”とした金箔入りの透明ジュレ、“ぷるるん”とした食感のフルーツ果汁のジュレ、“ジューシー”なカットした果肉を組み合わせられており、ひと口ごとに、新しい味わいや食感を楽しむことが可能。



すべての写真を見る(5件)


味は、上品な甘さのライチジュレに、レッドグレープフルーツのさわやかな酸味をあわせた「ライチ&レッドグレープフルーツ」、濃厚な甘さのマンゴージュレに、パイナップルの甘酸っぱい果肉をあわた「マンゴー&パイナップル」、すっきりした甘さのマスカットジュレに、食感のアクセントになるアロエをあわせた「マスカット&アロエ」、みずみずしい甘さのピーチジュレに、アップルのシャキッとした食感をあわせた「ピーチ&アップル」の4種類。





今回は、そんな「キャトル ジュレップ」を実際に食べてみました。





いわゆるゼリーのようなもったりとした味わいはなく、夏にぴったりのさらりとした食べ心地。2種類のフルーツが楽しめるので、フルーツ大好きな方にもおすすめです。



グラスに入れる際は、上部分にある金箔が入ったジュレを一度別の器に移してから、下部分をグラスに入れ、そのあとで金箔が入ったジュレを入れると、上の方がキラキラするので、一手間ではありますがぜひ試してみて。





見た目もかわいく、美味しい「キャトル ジュレップ」は、お手土産はもちろん、ホームパーティにも最適です。【ウォーカープラス編集部/大原絵理香】

おすすめ情報