神木隆之介、“史上初”のサプライズ発表にびっくり!ダッフルコートの秘密も明かす

『3月のライオン』が上海へ!サプライズ発表にびっくり
  • 『3月のライオン』が上海へ!サプライズ発表にびっくり

羽海野チカのベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 後編』の初日舞台挨拶が4月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟、大友啓史監督が登壇。第20回上海国際映画祭での二部作の正式出品がサプライズ発表され、神木が「幸せです」と感激の表情を見せた。

本作は、孤独な青年棋士・零(神木)が、数々の対局や近所に住む三姉妹との出会いを通して、愛を知り、成長していく姿を描く人間ドラマ。

世界12大映画祭のひとつに数えられる上海国際映画祭。その20回の記念イヤー(6月17日から開催)に、前・後編のW正式出品が決定した。ステージでは初日を祝う鏡開きを実施。鏡開きをした樽のなかには「上海決定!!」と書かれた紙が入っており、まったく報を知らされていなかった神木は「おお!何これ!?上海決定!?」と目を丸くした。

司会が「上海国際映画祭に正式出品が決定しました!」と声を上げると、神木は「すごい!」と感激の面持ち。二部作を二夜連続でプレミア上映するというのは、史上初のこと。神木は「うれしいです。たくさんの方に観ていただきたい。“史上初”って響き、いいですね。本当に幸せなこと。感謝です」と喜びを噛み締めていた。

前・後編が公開となり、キャスト陣が今だからこそ言えるエピソードを披露する一幕も。神木は零の着ているダッフルコートの秘密を語った。「ポスターでは紺色のダッフルコートを着ている。実は灰色やカーキなど何パターンかいろいろあって。その都度その都度、シーンによって色が変わっている。みなさんの衣装も、シーンの雰囲気に合った衣装になっている」と明かすと、会場からも驚きの声が上がっていた。

また、悪女役にチャレンジした有村はシースルーの衣装で美脚を披露し、会場を魅了。「川本家のシーンがすごく好き。(清原演じる)ひなちゃんがいじめにあって、『自分のやったことは絶対に間違っていない』というシーンでは、胸がキュッと苦しくなった」と明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報