サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」は“優しいラスト”に!

取材に応じた関智一、川澄綾子、今千秋監督(写真左から)
  • 取材に応じた関智一、川澄綾子、今千秋監督(写真左から)

'10年1月14日(木)からフジテレビほかで放送されるアニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」のアフレコ収録が開始され、都内のスタジオで“のだめ”こと野田恵役の川澄綾子、千秋真一役の関智一、今千秋監督が取材に応じた。

同作は上野樹里主演でテレビドラマも制作された“のだめ”の原作コミックのアニメ化作品。'07年に第1期、'08年に第2期が放送され、いずれも高視聴率を記録。原作が10月で最終回を迎えたため第3期にして最終章に突入する同アニメでは、シリーズ構成に「劇団☆新感線」の座付き作家・中島かずき氏を新たに迎えるなど、スタッフを強化して挑む。

川澄は「第1期のころには、まさかフィナーレを迎えられるとは思っていませんでした。最初のシリーズのころから原作もドラマも大人気で、アニメをやるわたしたちにもプレッシャーがありましたね。わたし自身、原作が大好きでしたから、奇行や奇声が目立つ“のだめ”という役を演じ切れるか不安でした」と明かす。

また、関は「思い起こせば、役を決めるオーディションの時から原作好きの人がいっぱいいて。役に決まった時も『お前じゃねーよ』という風潮の中、ビクビクしながらやっていましたね(苦笑)」と振り返る。

真一を演じる時には、「ぼくは3枚目になりがちなので、とにかく2枚目に! と戒めながら演じています」と関。一方、川澄は「わたしは逆で、いかに崩すか。ヒロインのセオリーの逆をいく芝居は、やっていて快感です(笑)」と語った。

映画版の最終章も2部作で公開されることが決まり、またもう一波“のだめ”ブームが巻き起こりそうな勢い。監督の今は「中島かずきさんが加わった面白みがフィルムに出るかどうか、これからが勝負。原作のラストを読みましたが、とても優しい、キュンとするような終わり方だったので、アニメもそんな作品にしていけたらと思います」と語った。

アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」
'10年1月14日(木)スタート 毎週木曜夜0:45-1:15 フジテレビほかで放送

キーワード

[PR] おすすめ情報