クリスマスを先取り! サラ・ブライトマン初のクリスマス・アルバム発売!!

どことなく「マッチ売りの少女」風?
  • どことなく「マッチ売りの少女」風?

“世界でいちばん美しい歌がある…”で人気のサラ・ブライトマン。彼女の新作「冬のシンフォニー」の全貌が明らかになった。

10/29(水)に日本先行発売されるアルバム「冬のシンフォニー」の日本盤に収録されるのは全部で15曲。「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」「アメイジング・グレイス」や「きよしこの夜」といった有名曲を初めてサラが歌うのも注目なら、伝説的ポップ・グループ“アバ”のインストゥルメンタルの名曲「アライヴァル」に初めて歌詞をつけて歌っているのも話題。サラ・ブライトマン初のクリスマス・アルバム、ということだが、実際にはいわゆるクリスマス・ソングはごく一部。サラらしく、クラシック/ポップといったジャンルを越えて冬にぴったりの美曲ばかりがずらりと並んでいる。シーズンを通して楽しめそうな1枚だ。

日本盤には、ビージーズの名曲「若葉のころ」のクラシカル・アレンジの歌も入るのもうれしい。なお、今回のアートワークは「おとぎ話」がモチーフだとか。満月のロンドンで実際に雪を降らせて撮影したというジャケット写真のサラは、どことなく「マッチ売りの少女」を思わせている(?) サラ・ブライトマンの公式サイトでは今、無料で新しい壁紙のダウンロード可能だ。

ハロウィンが終わればもう冬はすぐそこ。サラの歌声で“美しい冬のひととき”を先取りだ!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報