モデルはこじはるとゆうこりん!秋元才加『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』舞台挨拶

スイッチを押すと津田が「ゴイゴイスー」と言ってしまうという仕組み
  • スイッチを押すと津田が「ゴイゴイスー」と言ってしまうという仕組み

マーベル作品の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が5月12(金)より公開されている。その試写会が5月10日(水)大阪・難波にある「TOHOシネマズなんば」で開催され、上映前に同作品の日本語吹き替え版に参加した秋元才加と関西応援隊長として人気漫才コンビ、ダイアンの西澤裕介と津田篤宏が登壇。またイベント終了後には囲み取材が行われた。

大きな拍手で迎えられた秋元は「大阪のみなさん、こんにちは。お仕事でも、プライベートでも大阪が好きでよく来るんですけれども、今日はこうして舞台挨拶で大阪に来られて、本当にすごく嬉しいです」と挨拶し、作品について「(前作から)本当にパワーアップしています」と述べた。

続いて関西応援隊長として、ダイアンの2人が本作のTシャツを着て登場。西澤が「これでXXLというすごいサイズなんですけれど……」と初めから観客の笑いを誘った。

本作の日本語版で、マンティスという新キャラクターの吹き替えを担当した秋元。役柄について「エゴというキャラクターとずっと2人で過ごしてきたので、人とのコミュニケーションの取り方が下手で、空気が読めなかったり、間が上手く取れなかったりするキャラクターで、相手に触れると感情を読み取ることができるという、触覚系エスパー不思議ちゃんです」と紹介。演じるにあたり「普段喋る時、いつも早口で、声もあまり地声がそんなに高い方ではないのですが、不思議ちゃんの雰囲気を出すために、だいぶ高い声色で、ゆーっくり喋るように心掛けて吹き替えをさせていただきました」と言うと、津田がすかさず「出てましたその感じ。おっとりとした感じでね」と感想を述べた。

ダイアンの2人は当日の午前中に映画を観終わったばかりだと言い、津田は「面白かったですよ、やっぱり」と言うも、西澤は「今回この映画のナカニシ ノブオ役をやらせていただいたんです」とまたもや観客を爆笑の渦に巻き込んだ。続けて「スケールがすごかったですね。映像もすごいですし、いろんなキャラクターがいて個性が豊かで」と言うと、津田が「1人ずつで映画できるんちゃうかっていうぐらい」と言い、西澤が「オールスターが集まったような映画でした」と大絶賛。ストーリーについては、笑いあり、涙あり、チームの絆や家族の絆と言った要素が含まれていると紹介し、西澤は「言いたいです全部、今」と言うと、津田が「絶対あかんよ、今から観はんねんから、一番あかんよ、全部言ったら」とつっこむ場面も。秋元は「観終わったあとにみんなと『こうだったよね!』って言いたくなりますよね」と感想を言い合いたくなる作品でもあると語った。

また劇中の音楽について触れ、70年代のナンバーが多く使われているおり「全世代、たまらんと思いますよ」と津田が魅力について述べた。

秋元から「マンティスの吹き替えをやらせていただいて、相手に触れると相手の考えてることがわかる能力が備わったっぽいんですよね」と驚きの発言があり、早速津田で試してみることに。津田に触れた秋元は「2列目のあの女の子のことを可愛いと思ってません?」と言い、見事津田の考えていることを言い当てる場面も。

今回の試写会での上映は日本語吹き替え版ではなく、2Dの字幕版だと知った秋元は「ということは、私のマンティスの声……」と驚きを隠せない様子を見せたが「字幕版の楽しみ方、吹き替え版の楽しみ方がありますので、吹き替え版そして、今日は2Dですけれど、3Dも4Dもありますからね、家族揃って観ていただきたいと思います」と何通りもの楽しみ方ができる作品であることをアピールした。

続いてフォトセッションが行われることになり、本作で重要な役割を果たすスイッチが「ゴイゴイ“ス”イッチ」として登場。秋元がそのスイッチを押すと津田がおなじみの「ゴイゴイスー」と言ってしまうという仕組み。「3・2・1」の掛け声で秋元がスイッチを押し、津田が「ゴイゴイスー」と叫んだ。そして、来場のお客さんも巻き込み「団体ゴイゴイスー」として、思い思いのキャラクターのポーズを取り、イベントは終了した。

舞台挨拶終了後、囲み取材に表れた秋元、西澤、津田の3人。心を読んでみたい人として秋元は「母です」と言い「家族で食事に行く時に、お会計のところをすっと通り抜けて、いつも私に払わせるんです。なので、どう思っているのかなと思って。一番近いからこそわからないなと思って」と答えた。

また吹き替えの魅力については「私は字幕と吹き替えと両方観させていただきました。やっぱりディレクションの方が国によっても違うからだと思うんですけれど、吹き替えでストーリーを観るのと、字幕だけで観るのというのでは、結構キャラクターの印象が違う部分もあったので、それぞれの感想や感じ方が違うんだなと改めて自分が吹き替えさせていただいて思いました」と新たな発見があったことを明かした秋元。実際に吹き替えをしてみて「声だけなんですけれど、キャラクターの命を注ぐ作業なんだなと思いました」と言い、キャラクターの個性も変わってくることを実感したという。その違いについては「日本語吹き替え版でいうと私のマンティスは、より不思議ちゃん感が強くなっていて、字幕版の方は、結構ナチュラルだったりするので、是非そういうところも楽しんでいただきたいと思います」とPRした。

最初はマンティスではなく、ガモーラ役の方が合っていると思ったという秋元。津田が「確かにイメージがね」というと「世間のイメージでいうと、強い感じで。自分でも思ったんですけど、こうやって今回不思議ちゃんの役をやらせていただいて、また新たな自分の知らなかった扉を開いたというか、新しい挑戦になったなと思って、声だけですけれど、意外になんかこういう可能性もあるのかなと思いました」と新境地を開けたと秋元は語った。

吹き替えをするにあたりAKBの中で参考に人について秋元は「小嶋陽菜ですかね。結構私がポンポン喋るので、ゆっくりのペースで喋って、強く聞こえない子って誰だろうと思ったら、わかりやすかったです」と答え、他には小倉優子も参考にし、その時期はいろいろと研究をしたという。

そして突然西澤が「吹き替えって1番難しいように思うんですよね。あるものをやるっていうことで。その辺の苦労とかはどうでしたか」と記者のように質問。秋元は「吹っ飛ばされたり、殴られたり、技を使ったりなどがあったので、声だけしか乗らないんですけれど、全身を使って声を出すっていうのは、エネルギーの消費量がすごいなって思いました。すごく体力のいる作業だし、やりがいがあるなっていう」と答えた。

最後に、大相撲の高安力士と幼なじみだという秋元は、14日から夏場所が開催されることについて聞かれると「大関昇進がかかっていて、本人は全勝するって言っていました。優勝してほしいです。観に行けるかはわからないですが。幼なじみとして、頑張ってほしいです」とエールを送った上で「場所が14日からでしたっけ?ではその前にこの映画観てね」と映画のPRも行い、囲み取材は終了となった。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、マーベル・スタジオ最新作。銀河のはみ出し者たちであるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍を描く人気作の続編。触れただけで相手の感情がわかるマンティスという新キャラクターも加わり、ますますパワーアップ。果たして彼らは、笑いと、ノリで銀河を救えるのか…というストーリー。前作同様、ジェームズ・ガン監督がメガホンを取った。

【関西ウォーカー編集部/ライター南 華凛】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報