“かわいいハワイ”1dayプランを人気インスタグラマーがコーディネイト!

かわいい“モノ・コト”ハンターのセンサーが鳴りまくり!女子好みのキュートなハワイを感じられる1dayプランを、フォロワー約3万人を持つ人気インスタグラマー・森下里穂が提案!

“かわいハワイ”1dayプランのスケジュール

「ハワイで必ず食べたい朝食と言えば迷わずアサイボウル。まずはハワイアン・クラウン・プランテーション(8:00)へGO!いったんホテルに戻り、ツアーバスに乗ってカイルアエリアへ。到着したらタウンエリアでさっそく気になるお店をチェック!アロハ・スパレッテ(11:00)で人気ブランド、サムドラのクラッチバッグ&ポーチを自分用に購入。17年3月にオープンしたばかりのビキニバード(12:00)では、かわいい水着を物色。ガレットが絶品のクレープ・ノ・カ・オイでクレープランチを取ったあと、ホール・フーズ・マーケットでオーガニックコスメをお土産用にたくさんゲット。ホテルに戻ったあと少し休憩してからドレスアップし、ハイズ・ステーキ・ハウスでステーキを堪能。ディナー後はもう一杯飲みたい!ということで、ロイヤル・ハワイアン・ホテルにあるマイタイ・バー(21:00)へ。ここ発祥のカクテル、マイタイを楽しんで」(森下)

<8:00>ハワイアン・クラウン・プランテーション

ブーケのように美しいアサイボウルに心ときめくはず!たっぷりと入ったパイナップル、イチゴ、ブルーベリー、バナナの上には、マカダミアナッツなどをトッピング。アサイボウル($8~)
  • ブーケのように美しいアサイボウルに心ときめくはず!たっぷりと入ったパイナップル、イチゴ、ブルーベリー、バナナの上には、マカダミアナッツなどをトッピング。アサイボウル($8~)

ハワイアン・クラウン・プランテーションは、ハワイの自社農園で栽培する、完熟パイナップル「スイート・ゴールド」を使用したスムージーなどが楽しめるジューススタンド。その中で最も人気を集めているのがアサイボウル!ドライパイナップルや、自社農園のカカオ豆を使ったチョコレートも土産として買っていく女性が多いのだとか。

「パイナップルを食べるならココが一番!ジュースもスムージーもホントにおすすめです」(森下)。

<11:00>アロハ・スパレッテ

店内はハワイらしい鮮やかな彩りでレイアウトされている
  • 店内はハワイらしい鮮やかな彩りでレイアウトされている
ハワイの空のグラデーションが描かれたポーチ($40)
  • ハワイの空のグラデーションが描かれたポーチ($40)
パームツリーの葉を全面に配したクラッチバッグ。サーモンピンクで女子力アップ($68)
  • パームツリーの葉を全面に配したクラッチバッグ。サーモンピンクで女子力アップ($68)

ハワイの景色を転写したクラッチバッグでおなじみのブランド、サムドラ。そのデザイナーがオープンしたセレクトショップ。クラッチバッグやポーチのほか、バッグやスイムウェアも充実。LAなどからバイイングしたセンスのいいビーチアイテムもずらり。

「雑貨やアクセサリー、バッグはどれもキュート!カイルアに行ったら必ずのぞく一軒」(森下)。

<12:00>ビキニバード

黒を基調とした外観
  • 黒を基調とした外観
ショップ名がプリントされたオリジナルキャップ($28)
  • ショップ名がプリントされたオリジナルキャップ($28)
トレンドは上下別々の色柄をチョイスすること。ビーチを満喫できそうなイエローで(ブラトップ$110、ショーツ$90)
  • トレンドは上下別々の色柄をチョイスすること。ビーチを満喫できそうなイエローで(ブラトップ$110、ショーツ$90)

17年2月オープンのスイムウェア専門セレクトショップ。日本にはない大胆なデザインが特徴のアカシア・スイムウエアなど、最新の水着を常にラインアップ。ビーチですぐに着たい一着が見つかるはず!キャップやTシャツなどオリジナルアイテムも用意している。

「水着がかわいすぎていっぱい買ってしまいそう(笑)。わざわざ足を運びたいお店ですね」(森下)。

<21:00>マイタイ・バー

夜の幻想的な時間帯はもちろん、ワイキキビーチを一望できるサンセットタイムも楽しみたい。カバナで寝そべりながらガールズトークも楽しめる(カバナは$350以上の注文で予約可)
  • 夜の幻想的な時間帯はもちろん、ワイキキビーチを一望できるサンセットタイムも楽しみたい。カバナで寝そべりながらガールズトークも楽しめる(カバナは$350以上の注文で予約可)

ハワイを感じたいなら、迷わずロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾートのマイタイ・バーへ。ホテルカラーであるピンクを基調としたラグジュアリーなインテリアがそろい、オープンエアーなので、波の音を聞きながらほろ酔いできる。

「女子同士でもテンションが上がる空間は格別。いつか彼氏と…と妄想が膨らみます(笑)」(森下)。

「ハワイは思わず『かわいい!』と言いたくなる“モノ・コト”がたくさん!女子度高めのスポットをチョイスしました」
  • 「ハワイは思わず『かわいい!』と言いたくなる“モノ・コト”がたくさん!女子度高めのスポットをチョイスしました」

森下里穂@kauwelar/フリーPR。ハワイ渡航歴15回、現在は年に3~4回のペースでハワイに通い、世界のビーチリゾート事情も詳しい。インスタグラム・フォロワー2.8万人

【東京ウォーカー編集部/取材・文=薮内加奈、撮影=熊谷晃】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報