広瀬アリス「恋してもらえたらいいな」男子の憧れピンクレンジャー熱演

広瀬アリス、初めての声優業にド緊張!
  • 広瀬アリス、初めての声優業にド緊張!

“メイド・イン・ジャパン"のヒーローをハリウッドが圧倒的スケールで描く映画『パワーレンジャー』(7月15日公開)の公開アフレコイベントが5月17日に都内で開催され、日本語吹き替え版の声優を務める勝地涼、広瀬アリス、山里亮太(南海キャンディーズ)が出席。ピンクレンジャーを演じる広瀬が「恋してもらえたらいいな」と呼びかけた。

本作は、日本のスーパー戦隊シリーズを基に、全米で1993年から放映されている人気シリーズの劇場版。

5人をまとめるリーダー・レッドレンジャーを演じる勝地は「戦隊ヒーローといえば、誰しもの憧れ。そのなかでレッドレンジャーを演じさせていただけるなんて光栄。子ども心に帰ったよう」と感激しきり。

声優初挑戦となる広瀬は「ピンクをやるということで緊張もしました。不安しかなかった」。さらに「(アフレコ)初日には、家に帰って大反省会した」と告白。山里が「全男子が一回は恋する存在」とピンクレンジャーについて評すると、広瀬は「恋してもらえたらいいな」とはにかみつつコメント。山里は「今の着ボイスほしい!いい声だったなぁ」と広瀬の美声にぞっこんの様子を見せて、会場の笑いを誘っていた。

この日の公開アフレコでは、迫力ある声の演技を披露した勝地と広瀬。監督からも「すごくいい」と声がかかった一方、パワーレンジャーをサポートするロボット”アルファ5”を演じた山里には「セリフに気持ちが入っていない。頼みますよ」と厳しい一言。その後もダメ出しが続き、山里も「圧倒的に僕だけダメ出しが多い」と大慌てで、集まった報道陣に「今のところ使っちゃダメ。今後に関わるから」と訴えていた。

勝地と広瀬は3月にロサンゼルスで行われた本作のワールドプレミアに参加した。山里は「呼ばれなかった」そうで、「行きたかった!」とガッカリ。ピース・綾部祐二の渡米も話題となっているが、山里も「世界進出は男として夢」と虎視眈々で、「僕がハリウッドデビューをして、まだカフェでバイトをしているだろう綾部の店に行ってコーヒーの一杯でも飲んでやりたい」と出し抜く意気込みを語り、会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報