映画

ヴィクトリア・ベッカム、顔が激変し、まるで蝋人形のようで不自然!?

MovieWalker 2017年5月18日 10時30分 配信

すべての写真を見る(4件)
整形丸出し顔と言われているヴィクトリア・ベッカムの顔がまた激変し、まるで蝋人形のようで不自然と話題になっている。

数ヵ月前まででも、スパイスガールズ時代のヴィクトリアからは顔がかなり変わり、美容整形外科手術やボトックス、フィラー丸出しと言われていたヴィクトリア。今回全身ブルーに白いハイヒールといういでたちでニューヨーク入りした際の様子がデイリー・メール紙に掲載されているが、肌に張りがあってシワがないが、リスのように膨れ上がった頬が目立たない代わりに、顔全体がふっくらして目元が腫れぼったく見える。また、ほうれい線が薄くなっている代わりに、ジョーカー唇と言われる整形顔の唇の、とりわけ上唇が飛び出したように広がっており、またもや顔が不自然に変わっている。

かねてからバッシングが多かったヴィクトリアは、今回も「まるで蝋人形のよう」「怖すぎる」と非難も浴びているが、一方で、メールでの暴言リーク事件に続いて出演した映画が大コケし「劣化が著しい」と言われている夫デビッドの評価が急降下していることから、「お金を稼いでいる分、ジョーカー唇でも紐みたいなデビッドよりマシ」「そのままで十分綺麗なのに。これからお化けのような顔になってしまうのではないかと心配」といった声も寄せられている。【NY在住/JUNKO】

おすすめ情報