現実は、考えていたよりずっと重かった。 親子で発達障害でした(3)

「幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした」

未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。ADHDの著者が、絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声!

アメブロで週間100万PVをたたき出した実話が単行本化。そのうち一部を特別に抜粋して掲載します。今回は、第3話「私も発達障害だったの?」前編です。

長かった一ヶ月。初めての心理士さんとの面談へ
  • 長かった一ヶ月。初めての心理士さんとの面談へ
面談の結果、下りた診断とは… 第3話の続きを読む
  • 面談の結果、下りた診断とは… 第3話の続きを読む
.
  • .
.
  • .

作=モンズースー

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

単行本情報はこちら
『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした』

アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイが、未発表秘話を100ページ以上収録し、発売です。
単行本情報はこちらから


著者:モンズースー生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした
ADHD診断済みの2児の母。子供達も発達障害グレーゾーンの凸凹親子。日々の生活を漫画で描いています
生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 連載ページ

コミックエッセイ劇場はこちら

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報