次世代を担うクリエイターが集結!東京コンテンツマーケット2008

「日本では総理というより、漫画オタクとして有名で(笑)」

東京国際映画祭のオープンニングで笑いを誘った麻生首相も思い入れの強い“日本カルチャー”。その次世代を担うクリエイターが集まる「東京コンテンツマーケット2008」が、10/27(月)・28(火)に六本木ヒルズ森タワーで開催される。

ことしで7回目を迎える「東京コンテンツマーケット2008」は、東京ゲームショーや東京国際映画祭と並び、JAPAN国際コンテンツフェスティバルのオフィシャルイベント。アニメ、ゲーム、CG、映画、キャラクターなど、あらゆるジャンルのクリエイターが結集する、オリジナルコンテンツの見本市だ。

会場では、各業界を代表するプロデューサー集団による、厳選な審査を突破した約80の出展者が、作品をプレゼンテーションする。放送メディアや映画配給会社、メーカーなど、ビジネスパートナーとなる企業が来場するため、目に留まれば、その場で商談が始まることも。個人がビジネスパートナーとして商談することも可能。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報