気づくと増えている診察券や紙袋。人気ブロガーはこう整理する!

保険証を一番上にして、各自ごとに輪ゴムでまとめるだけ
  • 保険証を一番上にして、各自ごとに輪ゴムでまとめるだけ

紙類は、処理を後回しにしてしまうとドンドン増えていき、気がつけば部屋に散乱! そんな、ためがちな紙類の整理術を人気ブロガー・尾崎友吏子さんが教えてくれました。家族が多いほどたまって散乱しがちな「診察券」と、みんなのお悩み上位の「紙袋」。さて、尾崎さんはどう整理してる?

【診察券】

●1人ずつ輪ゴムで留めておくだけ

長男、次男、三男別にぐるっとまとめて、引き出しに保管。「緊急のときは束ごと持って病院へ。保険証を一番上に、最後に使ったものをその下にしておけば、最近行った診療機関が上になり、探しやすいんです」。

【紙袋】

●雑がみ専用箱の上に3~4枚だけストック

洗面台下の雑がみ専用箱の上に古紙を出すときに使う紙袋を3~4枚用意しておき、ほかは潔く処分。「ここに置くもの以外に、中サイズの紙袋を3~4枚、クローゼットに入れていて、手土産を渡すときなどに使っています」。

紙袋は「定数&定位置」管理ですっきり! 診察券のワザは、すぐにでもまねしたい便利テクですね。

教えてくれたのは:尾崎友吏子さん
高校3年、中学1年、小学2年の息子 3人を育てながら、建設コンサルタントで働く。心地よい暮らしをつづるブログ「 cozy-nest 小さく整う暮らし」が人気で、近著『3人子持ち働く母の「追われない家事」』(小社刊)も好評。

撮影=コーダマサヒロ 取材・文=田中理恵

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報