捨てられなくて困ったときは。「子どもの作品」整理術

作品を写真に撮る
  • 作品を写真に撮る

この春、子どもが新入園・入学したというママたちは、子どもたちが毎日持ち帰ってくるプリントなどの紙類や作品をどう整理していいか、困っているのでは? 特に絵などの作品は、捨てられないからドンドンたまっていく一方。でも、それではスッキリ暮らせません。3児を持つ働く母・尾崎友吏子さんはどうしているのでしょう? 教えてくださ~い!

【子どもの作品整理術】

1.作品を写真に撮る

子どもが作品を持ち帰ったら、すぐにスマホでパチリ。「スマホなら撮影した日にちも残るし、いつでも見られます。データは自動的にクラウドにアップされる設定に」。

2.ダイニング入り口の壁にしばらく飾る

ダイニングの入り口にある壁は、ギャラリーとして活用。「いただいた写真や手紙とともに、絵はここに貼って観賞。何度も貼って剥がせる練り消しで貼りつけています」。

3.新しい作品が来たら入れ替える

次の作品を子どもが持ち帰ってきたら、前の作品を.がして、入れ替え。前の作品は子どもと相談して、取っておきたいものはファイルに保管、それ以外は処分。

現物のままキープしようとすると、子ども一人につき年間ものすごい量に! 尾崎さんの方法なら家族みんなで楽しめるうえ“厳選”保存も可能で、いうことなし!ですね。

教えてくれたのは:尾崎友吏子さん
高校3年、中学1年、小学2年の息子 3人を育てながら、建設コンサルタントで働く。心地よい暮らしをつづるブログ「 cozy-nest 小さく整う暮らし」が人気で、近著『3人子持ち働く母の「追われない家事」』(小社刊)も好評。

撮影=コーダマサヒロ 取材・文=田中理恵

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報