景気低迷の中、スタバが170円のプレミアム缶コーヒーを発売

世界レベルのうまさ
  • 世界レベルのうまさ

10/21(火)、缶コーヒー「スターバックス ダブルショット」が発売された。スターバックス・コーポレーション(アメリカ)とサントリー(大阪市)が共同開発したもので、自販機では販売せず、1都10県のコンビニエンスストア限定で取り扱う。

同商品はスターバックス店舗と同じ、高品質のコーヒー豆「エスプレッソ ロースト」を使用。力強いコーヒー感に加え、華やかな口当たりを出すために「開発に2年を費やした」(スターバックス コーヒー ジャパンCEOコラーレス氏)という本格的な味。濃厚なミルク、クリームを合わせた贅沢な味わいの「エスプレッソコンパーナ」と、少量のミルクと砂糖入りでビターさが魅力の「エスプレッソドッピオ」の2種類を販売する。

「本格的な味わいがわかる男性をメインターゲットにした。世界観も含めて味わってほしい」(同社北東アジア地区ディレクター・クラフト氏)とのことで、10/20に東京ミッドタウン(東京都港区)で行われた発売記念イベントにはサッカー日本代表の中澤佑二が登場。同氏は、スターバックスのオリジナルタンブラーを所持するほどのコーヒー好きで「試合当日の朝に気持ちを高ぶらせる時と、ハードな練習の後のリラックスしたい時」にエスプレッソを飲むと話した。

同商品の希望小売価格は消費税別で170円と、缶コーヒーとしては高価。しかも140gと少量である。一般的な缶コーヒーが190g入りで税込120円なのと比べると、量が少ないうえに、価格が約1.5倍となる計算だ。

実は、景気が低迷していても、数年前からやや価格の高い“プレミアム缶ビール”市場は好調である。これは、豪華なレストランで食事をするよりも、身近なところで“手軽な贅沢”をする人々が増えていることが背景にあるとされている。知名度も抜群の“スタバ”ブランドにより、缶コーヒーにおいてもプレミアム消費が進みそうだ。大事なプレゼン前や試験終了後など、中澤氏のように“気持ちをチェンジ”したい時に手に取ってみてはどうだろうか。【東京ウォーカー/片岡研】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報