竹内涼真の「猫耳コスプレ」に胸キュン必至(1/2)

5月29日(月)より公開されるロッテアイス「モナ王」のWEB動画に竹内涼真が出演。動画は、母・妹・めい・父、4人それぞれとの心温まる家族の物語となっている。また、作品内には竹内のリアルな思い出の品が隠されているという。

【写真を見る】猫ひげを頬に直接書いた竹内涼真
  • 【写真を見る】猫ひげを頬に直接書いた竹内涼真

母篇「母と、ぼく。」

竹内の口元にアイスが付いているシーンがあるが、「カット!」となると、口元に付いたアイスをぺろりと平らげた。「アイス大好き」な竹内らしい一面が見られた。

思い出の品:サッカーのメダル。小さい頃はサッカー少年だった竹内。土日の試合は必ず、父母がビデオを回し、家に帰ると反省会をした。小学生の時はスーパースターだった竹内も高校生になると、悔しさを味わうことも多くなったと、メダルを見ながら告白。「…いい思い出です。」と語る竹内は、「サッカーの経験があったから今がある」と胸の内を明かした。

妹篇「妹と、ぼく。」

妹思いの優しいお兄ちゃん役を演じました竹内。妹役の共演者と笑いながらモナ王を食べるシーンでは、妹役をもっと笑わせようとアドリブを取り入れて笑わせようとした。妹役も思わず笑顔になり、二人で楽しそうにモナ王を食べる兄妹シーンが撮影できた。

姪篇「めいっ子と、ぼく。」

共演者は4歳の女の子。女の子は竹内に「遊んで遊んで!」とすぐに懐いていました。竹内自身も3兄弟の長男だが、休憩中も仲良く遊んだり、とても面倒見がいいお兄さんの顔をのぞかせた。

思い出の品:ビデオテープ。1本目は家族での誕生日パーティーのビデオ。「これ、今のお父さんの声です。えー何歳の誕生日の時なんだろう、歯が抜けているから年中か年長ですかね」と懐かしんだ。ビデオに映る幼少期の自分を見て思わず「非常にかわいいですね! ボク(笑)」と幼少期のかわいさを絶賛した。

2本目は兄弟との映像。「一番下の弟ですね。8歳離れているんですけど」と話す竹内。妹さんも含めた3兄弟との映像を、絶えずほほ笑みながら見入っていた。年齢が離れているせいか、兄弟げんかはほとんどなかったという。そんな兄弟はずっと仲が良く、「普通に3兄弟でライブにも行くし、(竹内の)おごりで3人でご飯食べたりもする」と仲良しエピソードを明かした。

父篇「父と、ぼく。」

お父さん役の共演者と真剣に話をしている竹内。台本では、モナ王で「かんぱーい」と言うシーンだったが、「『うぃー、お疲れー』の方が自然じゃない?」と竹内から提案があり採用された。まるで本物の父と息子のような瞬間だった。

撮影終了後の竹内涼真を直撃!(2/2)
  • 1
  • 2
■ロッテ「モナ王」キャンペーンサイト
【HP】www.lotte.co.jp/products/brand/monaou/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報