有川 浩「モットーは“ほどほどにもっともらしく”」

ラブコメ今昔
  • ラブコメ今昔

胸キュンネタ満載の図書館戦争シリーズで人気を確立した有川浩の最新作は、“自衛隊ラブコメ”作品集。

「自衛隊に興味を持ったのは小学生ぐらいから。新谷かおるさんや浦沢直樹さんの漫画がきっかけです。ラブコメは、子供のころから大好き。恋愛ってどんなに頭のいい人や冷静な人でも、歯止めがきかなくなり、おぼれてこっけいになってしまいますよね。そこがかわいらしいし、恋愛のおもしろさだと思います」

自衛官も恋をする。当たり前だけど、それが新鮮!

「自衛官を特殊な人としてではなく、普通の人として書くことを大事にしました。取材先で聞いた話や出会った人からファーストインプレッションをいただくことが多いですね。モットーは『ほどほどにもっともらしく』。取材は綿密にやりますが、だからといって設定を固めすぎず、TVドラマ風に気軽に楽しめる活字エンターテインメントができたらと思っています」

●有川 浩「ラブコメ今昔」
発売中 小説
角川書店・1470円
怖い上司の若き日の純情もよう、自衛官の彼との超遠距離恋愛、飛行機乗りの夫を持つ妻など、多彩な恋を描いた自衛隊ラブコメディ全6編。

●ありかわひろ/高知県生まれ。04年「塩の街」でデビュー。「図書館戦争」シリーズでブレイクし同作は現在アニメ放送中。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報