目玉はオークション!ミッドタウン・デザイン・タッチ開催

オークションに出品される倉俣史朗のソファー
  • オークションに出品される倉俣史朗のソファー

10/23(木)〜11/3(祝)、東京ミッドタウン(東京都港区)では施設全体を巻き込んだデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2008」を開催。一流デザイナーの作品を対象にしたオークションや、クリエイターによるセミナー、インテリアやデザインショップによるものづくりの実演まで、多くのデザインイベントが行われる。

2回目となる今回のテーマは「ジャパンデザインを楽しむ」。海外から評価の高い日本人デザイナーや、日本にゆかりのあるデザインなど“ジャパンデザイン”の魅力を紹介する。

今回の目玉はことし初開催となる、11/2(日)・3(祝)の「Design Touch Auction」。倉俣史朗のソファーや内田繁の茶室などが出品される、本格的なオークションだ。参加希望の場合は、WEBで事前参加登録が必要となる。「オークションって敷居が高そう」と思う人には、11/1(土)・2(日)に行われる初心者向けの「Challenge Auction」がおすすめ。東京ミッドタウンのショップやデザイン関連施設から出品された商品を、オークション方法のレクチャーを受けつつ手が届く値段で購入できる。しかも飛び入り参加可能だ。

参加料はいずれも無料。オークションに出品される予定の品々は、期間中にミッドタウン内のプレビュー会場で実物を公開する。ふだんあまり興味のない人も、オークションを楽しみながらデザインの世界に触れてみては!?【東京ウォーカー/中道圭吾】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報