「ViVi」と「CanCam」が合同ショー! マリエ、徳澤直子ら人気モデル勢ぞろい

ライバルファッション誌同士がタッグを組み、豪華モデル陣が集結
  • ライバルファッション誌同士がタッグを組み、豪華モデル陣が集結

ライバルファッション誌同士がタッグを組んだファッションショー「ViVi×CanCam SUPER FIT COLLECTION〜Supported by Sony Ericsson〜」が1日、都内で開催され、「ViVi」(講談社)モデルのマリエ、長谷川潤、渡辺知夏子、エリーローズら、「CanCam」(小学館)モデルの徳澤直子、安座間美優、舞川あいく、平山美春らが登場した。

ショーはマリエと徳澤がau用携帯電話「S002」の宣伝キャラクターを務めていることで実現。ファッションショーのほかに、アーティストのBENIとMINMIによるライブも行われた。

ショーの開始前にはマリエと徳澤が意気込みを。マリエは「とてもセンセーショナルなイベントだと思いますね。まったくテイストの違う雑誌なので、お客さんはすごく楽しいんじゃないかな」とコメント。徳澤も「2つのテイストが一気に見られていいですよね。わたしもお客さんとして見たい!」と話した。また、それぞれの衣装について、マリエは「フランスの女優さんがテーマです」、徳澤は「夜会のイメージで、セクシーにしてみました」と説明した。

ライバル誌のモデルが一堂に会したことについて、マリエは「普段、ほとんど会うことのない方々。今日初対面かな? という方もいますね。徳澤さんは…ちょっと天然そう(笑)」と徳澤の印象を。徳澤は「マリエちゃんはテレビで見た通り(笑)!」と言い、マリエを笑わせていた。

2人の共演が実現した携帯電話についての話題も。マリエは「携帯は中身より外見を楽しんでますね。イルミネーション機能や待ち受け画像を変えたりとか」と見た目重視のよう。メールのデコレーションもこだわるのかと思いきや、「デコメは使ったことない」と言うと、徳澤は「意外! わたしはよくデコメ使いますよ。同じハートマークでもいろいろあって使い分けるのが楽しい」と明かし、マリエは「使い方、教えてください!」と指南を頼んでいた。

また、美女2人だけにクリスマスの予定についても質問が飛んだが、徳澤が「アピールする男性が欲しい…」と言うとマリエもうなずいてだんまり。好きな男性のタイプについて、徳澤は「1つのことを頑張ってる人に引かれます」、マリエは「男らしい人! 筋肉バッチリな人がいい」と話した。

キーワード

[PR] おすすめ情報