ミラ・ジョヴォヴィッチが信じて疑わない“恐怖の記録映像”って?

『THE 4TH KIND フォース・カインド』では、ミラ・ジョヴォヴィッチが心の底から恐ろしいと思った事件が描かれる
  • 『THE 4TH KIND フォース・カインド』では、ミラ・ジョヴォヴィッチが心の底から恐ろしいと思った事件が描かれる

アラスカで実際に起こった未解決事件を描く『THE 4TH KIND フォース・カインド』(12月18日公開)は、記録映像と再現映像を融合した新感覚のサイコスリラーだ。主演のミラ・ジョヴォヴィッチは事件を目撃した心理学者アビゲイル博士に扮したが、ミラ本人もこの事件が真実だと信じて疑わない。本作で真の恐怖を体現したミラに取材をしてみた。

舞台は、未解決の失踪・殺人事件が多発しているアラスカ北部の町ノーム。ミラが扮するアビゲイル博士は、不眠に悩む人々の治療に当たっていた。ある日、博士の夫が何者かに殺害され、彼女自身も不眠症になる。さらに彼女は恐ろしい体験をしていく。

ミラはなぜ、このプロジェクトに引かれたのか? 「現実に存在する人たちと記録映像に基づいた本当の話だからよ。記録映像は、それまでの自分の経験をすべて超えたものだった。私の人生の中でも1、2位を争うくらいにゾッとする経験だったのよ。記録映像を見たことで物の見方が本当に変わったわ。中には(事件により)生涯体が不自由になってしまった人もいるのよ」。確かに、奇妙なノイズが入った、狂気に走る人々の記録映像は相当恐ろしい!

実際アビゲイル博士に会って話はできたのか? 「残念ながらできなかった。彼女は私たちがこのストーリーを伝えることを望んだけれど、誰にも会いたがらなかったから。他の出演者たちも、誰ひとり自分が演じた人物には会えなかった。だから私たちは記録映像からできるだけのことを感じとり、彼らに成りきろうとしたの」。

劇中では、事件に対する当局の対応のコメントも挿入されている。「もっと記録映像を映画で使えたらよかったんだけど、当局がたくさんのことを隠しているの。でも、なぜ政府がそういう情報を知らせることを恐れるのかは、この記録映像を見た時、ある意味理解できたわ。錯乱する人が出る可能性があるからね」。

最後にミラはこう訴えかける。「世の中には理解不可能な現象が実際はたくさんあり、それを頭から否定してはいけない場合もある、ということを分かってほしい。実際に目に見える形で人生を変えるような出来事が人々に起こっているのだから。私たちはフィルムメーカーとして、そういう事例のいくつかをこの映画で見せているの」。

映画の冒頭でミラは、アビゲイル博士としてではなくミラ・ジョヴォヴィッチとして、この不可解な未解決事件は真実ではないかと熱弁するシーンがある。それは演技ではなく、彼女の本心から出た言葉だった。確かに劇中の記録映像はおぞましく、観ると思わず鳥肌が立ってしまう。そんなリアルな恐怖が味わえるサイコスリラーをぜひ体験してみて。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報