ガンプラ約60機で装飾!アキバに「ガンダムツリー」登場

降りしきる雨の中、傘もささず、ガンダムツリーをバックに写真撮影に応じる声優・古谷徹さん
  • 降りしきる雨の中、傘もささず、ガンダムツリーをバックに写真撮影に応じる声優・古谷徹さん

12/3、秋葉原UDXビル(東京・秋葉原)にガンプラ(ガンダムのプラモデル)が飾られたガンダムツリーが登場。点灯式には、ガンダムのアムロ・レイ役の声優・古谷徹さんが登場し、「アムロ、ガンダムツリー、つけま〜す!」という掛け声と共に、ツリーを点灯した。

このガンダムツリーは、PSPソフト「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」の発売を記念して設置されたもの。高さ5m のツリーには、ゲームに登場するモビルスーツのガンプラ60種類以上がクリアケースに入った状態で飾られ、青や赤、白のガンダムカラーのイルミで彩られている。

当日はあいにくの雨模様だったにもかかわらず、会場には多くのガンダムファンが駆け付け、古谷さんは上機嫌。一つ一つにリボンがかけられたガンプラを見て「ガンダムファンの僕らへのプレゼントみたいですね」と古谷さん。「ケースに雨粒が付いて光っていて、かえってきれい」と満面の笑みを浮かべた。

ガンダム30周年を記念し、お台場に登場した等身大ガンダム「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」、歴代ガンダムなどを展示した「GUNDAM BIG EXPO」、ガンダムの楽曲にスポットを当てたコンサート「SOUL G」など、アニバーサリーイベントが目白押しだった2009年。点灯式では写真を見ながらこれらのイベントについて振り返るトークショーも開催。古谷さんは「普段イベントに出演しない声優も登場してメンバーが数十年ぶりに一度にそろうなど、すごく楽しかった。次は40周年ですね」と語り、ガンダムイヤーを締めくくるにふさわしい夜となった。

ガンダムツリーは秋葉原UDXの2F東側デッキに12/25(金)まで設置。連日16:00〜23:00に点灯する。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報