メーンキャスト陣に聞いたアニメ「デュラララ!!」の魅力

「モヤモヤがなぜか魅力的に感じられる不思議な作品です」と語った神谷浩史(写真前列左から1人目)
  • 「モヤモヤがなぜか魅力的に感じられる不思議な作品です」と語った神谷浩史(写真前列左から1人目)

MBS・TBSほかで'10年1月放送スタートのアニメ「デュラララ!!」。そのアフレコ取材が行われ、竜ヶ峰帝人役の豊永利行をはじめ、紀田正臣役の宮野真守、園原杏里役の花澤香菜、折原臨也役の神谷浩史、平和島静雄役の小野大輔、岸谷新羅役の福山潤、門田京平役の中村悠一、遊馬崎ウォーカー役の梶裕貴、狩沢絵里華役の高垣彩陽らメーンキャスト陣が、作品の魅力や自身の演じるキャラクターなどについて、じっくりと語ってくれた。

本作は、電撃文庫から刊行されている成田良悟原作のライトノベルのアニメ化作品。池袋を舞台に、非日常にあこがれる少年や、池袋一強い男、闇医者、首なしライダーなどが繰り広げる群像劇を描いている。個性的なキャラクター設定と奇想天外なストーリー展開が話題となり、コミック雑誌月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス)でもコミカライズ連載されている人気作品だ。

作品の魅力について尋ねると、「群像劇の中で繰り広げられる多角的な視点から見た物語のひもとき方、ひとつの話に入っているストーリーの仕掛けや謎、そういった先々が楽しみになるような情報がたくさん詰まっているところですね」と福山。神谷も「非常に謎が多い作品。謎が謎のまま終わっていくと、一体何だったんだろう?というモヤモヤ感が残ると思うのですが、そのモヤモヤがなぜか魅力的に感じられる不思議な作品です」と発言し、アニメへの期待をますます膨らませてくれた。

続いて、宮野が「普通の高校生で、豊永君の帝人と一緒にいることが多い役です。豊永君との何げない会話をそのままお芝居に乗せている感じでやらせていただいているので、リアルな学校生活を出せていると思います」と、自身の演じるキャラクターについてコメント。小野は「最強で最凶の男。平和島静雄とう名前とは全く真逆の性格をしていて、その辺りがギャップ萌えなのではないかと思います(笑)」とアピールした。

また、「すごく楽しい現場で、僕は常に笑顔で居させてもらっています」と豊永が語るように、アフレコ現場は和気あいあいとしており、まるで学校のよう。しかし、もちろん演技に対する思いは真剣で、「登場するキャラクターの数がすごく多いので、たくさんの役者さんとお芝居ができるというすごく面白くて刺激がある反面、一週出演しないだけでどれだけ遅れを取っていくんだろうという不安にもさせられるような現場です」と、中村がまじめにコメント。そんな現場で作られた作品の出来栄えについて、高垣は「最高のエンターテイナーが、最高の作品を作ろうという気持ちで集まった作品です」と自信満々な様子で、「ぜひご覧になって、『デュラララ!!』の世界観にどっぷりと浸っていただきたいです」とファンへメッセージを寄せた。

アニメ「デュラララ!!」
'10年1月7日(木)スタート
毎週木曜夜1:25-1:55 MBSで放送
'10年1月8日(金)スタート
毎週金曜夜1:55-2:25 TBSで放送(※1月8日[金]は夜2:25から)
'10年1月13日(水)スタート
毎週水曜夜2:00-2:30 CBCで放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報