大阪・靭本町の注目ホテルが手がけるカジュアルイタリアン

4月に開業した「ホテル・アンドルームス大阪本町」の1階にオープンした「トラットリア RUUUST(ルースト)」
  • 4月に開業した「ホテル・アンドルームス大阪本町」の1階にオープンした「トラットリア RUUUST(ルースト)」

全国でホテルを運営するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが手がけるレストラン「トラットリア RUUUST(ルースト)」が、大阪市西区・靱本町にオープン。こだわりの自家製パスタをはじめ、地元で採れた低農薬野菜も使用したカジュアルイタリアンが楽しめると話題になっている。

今年4月に開業の「ホテル・アンドルームス大阪本町」の1階にオープンした同店。ホテルのロビーラウンジの隣にある開放的な空間をレストランとして活用し、ランチとディナーが楽しめる(朝は宿泊者のみ利用可能)。ランチでは日替わりの自家製パスタセットやカルネランチなどが提供されており、税込900円とお得。パスタセットは、お肉がごろごろの具だくさんソースが魅力のボロネーゼパスタと日替わりパスタから好きなものをチョイス。どちらも人気なのでじっくり好きな方を選ぼう。分厚さに驚くポークステーキはジューシーで食べ応えあり。ランチメニューに追加できるドルチェセット(税込300円)は、女性に大人気だ。

ディナーでは、日本各地から取り寄せたジャパニーズワインとイタリアンをカジュアルに楽しむスタイル。アンティパストには、ワインに合うおつまみのチケッティが人気。そのほか、見た目にも美しいRUUUST特製ポテトサラダやアヒージョ風オイル煮込みのガンバピルピルなど前菜メニューやパスタや肉料理のメインメニューも充実。料理に合うワインはジャパニーズワインにこだわり、中でも大阪で採れたぶどうで作った大阪発祥のスパークリングワイン「たこシャン」はフルーティーな味わいでおすすめ。一部ワインはカウンターにて試飲できるので、好みのワインを見つけそのままオーダーOK。素材にも見た目にもこだわった豊富なメニューが取り揃えられている。

同店を運営するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツのマーケティング担当の平岡彩未さんは「店名の由来は、英語で『やどり木』を意味するroostから、朝昼夜の3つの顔をもつことを表すため3つのoをuに置き換えた造語です。さまざまなシーンでご利用してほしい」と話す。広々した店内だからスペースにゆとりがあり、落ち着いて食事ができるのが魅力的。街の喧騒から少し離れたロケーションで、大切な人と贅沢な時間を過ごしてみては。

【関西ウォーカー編集部/ライター山根 翼】

●トラットリア「RUUUST」
住所:大阪市西区靭本町1丁目7番7号
   ホテル・アンドルームス大阪本町1F
営業時間:ランチ 11:00〜14:30(ラストオーダー 14:00)
     ディナー 17:00〜23:00(ラストオーダー 22:30)
     ※ホテル宿泊者のみ朝利用可能
定休日:日曜日、月曜日
電話番号:06-6479-3922
アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅下車
     2番出口・6番出口より徒歩6分
ホームページ:https://www.ruuust.com

キーワード

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード