冷凍すれば2~3週間もつものも! ご飯のベストパートナーの自家製ふりかけ5選

「桜えびとごまのふりかけ」 レタスクラブニュースより
  • 「桜えびとごまのふりかけ」 レタスクラブニュースより

ふりかけは白いご飯のベストパートナー。絶妙な塩気とうまみがあって、ほんのり甘いご飯のおいしさを引き立ててくれます。今回は、簡単に作れる自家製ふりかけ5つをご紹介。多めに作って保存しておけば、お弁当で使ったり、野菜と和えたりと大活躍間違いなしですよ。

【桜えびとごまのふりかけ】

<材料・作りやすい分量>桜えび 15g、砂糖 大さじ1/2、しょうゆ 小さじ2、みりん 大さじ1、白いりごま 小さじ1

<作り方>

1. 耐熱皿に、桜えび、調味料をすべて入れ、ラップをふんわりとかけ、電子レンジで約1分加熱する。取り出してよく混ぜ合わせ、粗熱がとれたら白ごまを加えて混ぜ合わせる。

2. 冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて薄くのばし、金属製のバットにのせて冷凍する。保存期間は2~3週間。必要量をほぐして取り出し、冷凍のまま使う。お弁当に使うときは冷凍のまま詰め、3~4時間後には食べられる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

材料を混ぜて電子レンジで加熱するだけで作れる超簡単なふりかけ。桜えびと白いりごまの香りが良く、ご飯にかけておけばお弁当のふたを開けた瞬間に思わず笑顔になりそうですね。

【たらこと万能ねぎのふりかけ】

たらこは薄皮で覆われた状態のまま電子レンジで加熱すると、爆発してしまう可能性アリ。しっかり切れ目を入れてから加熱するようにしましょう。

「たらこと万能ねぎのふりかけ」 レタスクラブニュースより
  • 「たらこと万能ねぎのふりかけ」 レタスクラブニュースより

【ひじきの梅しそふりかけ】

冷蔵で約5日間保存できます。しっとりとしたひじきに梅しそが加わって、さわやかな風味のふりかけに。

「ひじきの梅しそふりかけ」 レタスクラブニュースより
  • 「ひじきの梅しそふりかけ」 レタスクラブニュースより

【揚げごまふりかけ】

みじん切りにした油揚げにしょうがを加えて、ちょっぴり大人の味わいに。ゆでた葉物野菜と和えてもおいしくいただけます。

「揚げごまふりかけ」 レタスクラブニュースより
  • 「揚げごまふりかけ」 レタスクラブニュースより

【じゃこと梅干しのふりかけ】

ちりめんじゃこと梅干しから程よい塩けを感じられるので、調味料を入れる必要なし。お弁当で使う時は冷凍のままでOKです。

「じゃこと梅干しのふりかけ」 レタスクラブニュースより
  • 「じゃこと梅干しのふりかけ」 レタスクラブニュースより

自家製ふりかけは、いつでもサッと取り出せるよう常備しておくと便利。ぜひ試してみて。

詳しいレシピはこちら!
桜えびとごまのふりかけ
たらこと万能ねぎのふりかけ
ひじきの梅しそふりかけ
揚げごまふりかけ
じゃこと梅干しのふりかけ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報