エンタメ

【インタビュー】高いセルフプロデュース力を誇る5人組・FlowBack。永遠の挑戦者としての想いや生き様が込められた1stアルバムをリリース

ザテレビジョン 2017年5月31日 11時32分 配信

すべての写真を見る(10件)

僕は間違いなく、FlowBackが一番カッコ良いと思ってます。

 5人組シンガー&ダンスグループ、FlowBackがついに1stフルアルバムをリリースする。タイトルは、あらゆる逆境と対峙し続けてきた彼らのポリシーを象徴する、『VERSUS』(ヴァーサス)。

「“挑戦”はFlowBackの永遠のテーマ。新たなことに挑戦したり、一歩踏み出すたびに必ず壁が立ちはだかるものだし、それを乗り越えるってことは、戦う=“VERSUS”ってことかなと思うんです。いろんな曲やジャンルに挑戦したり、ステージで戦うっていう意味でもあるけど、一番は自分自身との戦いというか。そういう意味で、『VERSUS』っていうアルバムの中に、永遠の挑戦者としての僕ら5人の想いや生きざまが、ぎゅっと込められたかなと思います」(REIJI)

 アルバム『VERSUS』のイメージや、メンバー5人それぞれの個性。それらを活かし、ファッション担当のメンバー、MARKがスタイリングを考案したカラフルな衣装が目を引くアーティスト写真からもわかる通り、甘いルックスも彼らの大きな武器。しかし、理想を求め、オーディションを受け続けるものの、落選という挫折を繰り返してきたMASAHARU、TATSUKI、MARK、REIJI、JUDAI。まさにFlowBack(逆流)という名にふさわしい彼らが作り上げた『VERSUS』には、5人のやわらかな歌声、スタイリッシュなサウンドやダンス、キュートな風貌からは想像もつかないほどの、熱い想いが込められている。

「僕らの道のりは本当、泥臭さしかないですから(笑)。LINEオーディション(2014年開催の国内最大規模オーディション)でもグランプリを逃したり、いつも惜しいところで一位を逃してきたグループなんです。でも僕らはそこをハングリー精神に変えてやってきた」(TATSUKI)

「今、いろんなダンス&ボーカルのグループがいる中で、音楽面でも歌とダンスへの思いの面でもファッション面でも、僕は間違いなく、FlowBackが一番カッコ良いと思ってます。どのアーティストもきっとそう思ってるでしょうけど、その人たちよりも僕らのほうが強く思ってると思ってます(笑)。だからこそ、自分たちの想いを一曲一曲に込めたいんだと思う」(MARK)

 そんな彼らの熱い思いとチャレンジ精神。それは、気鋭クリエイター陣とともに作り上げたエッジィな楽曲の数々からも嗅ぎ取れる。EDM~ダブステップなサウンドで攻める「VERSUS」、80'SなR&Bグルーヴが心地よい「Champague Shower」、オリコンウィークリーチャート6位を獲得した硬派なヒップホップ・ナンバー「BOOYAH!」など、キュートなボーイズグループだと思ってナメてかかるとどの曲も確実に火傷するクオリティとセンス。最年少メンバー、JUDAI自らリリックを手がけるラップの威力もグループの魅力だ。

「「BOOYAH!」を筆頭に、“メジャーになってもこういう曲やるんだ⁉︎”って驚かれるような曲に挑戦していきたいんです。今回のアルバムでも、そういうボーダーラインを振り切れたものを作れたという点は達成できたなと思います」(MARK)

 また、メンバーのMASAHARUは『VERSUS』収録のバラード「I SWEAR」が主題歌となるドラマ『#セルおつ』(ABC朝日放送テレビ)に、“役者”として出演。個人としても、“新たな挑戦”にトライしている真っ最中である。

「ドラマと、ソロでやり始めたラジオに関してもまだまだ挑戦ばっかりです(笑)。演技もそうですけど、ステージとか、公の場でのトークに苦手意識があったんです。でもどれもやってみるとそれぞれ楽しさがあるし、自分で可能性をせばめちゃダメだなって思うんです。ドラマでは僕らの曲(「I SWEAR」)も流れるし、いろんな方にFlowBackを知ってもらういい機会だというか。実際、大阪で、ドラマを観てイベントに来たっていう方もいましたからね」(MASAHARU)

「空耳かもしれないけど、この間、広島での移動中、『#セルおつ』って声が聞こえてきたよね(笑)」(JUDAI)

「聞こえた! そういうのがあると、やって良かったなって思うし、これからもいろんなことに挑戦してみたいなと思います。もちろん、僕は何よりも歌が好きなので、一番はFlowBackですけどね」(MASAHARU)

1stアルバム『VERSUS』収録曲・メンバーによるセルフライナーノーツ

01. VERSUS

「ゴングの音が入ってたり、まさに曲名の通り、“戦う”ことがテーマの曲。ラップのところは僕が歌詞を書かせてもらったんですけど、FlowBackの男っぽさ、自分の中にある熱い部分を、ストレートにラップにしてぶつけることができました。これからの自分たちを奮い立たせてくれるような曲になったんじゃないかと思います」(JUDAI)

「すでにライブでもかなり盛り上がる曲になってますからね」(MARK)

02. Come A Long Way

「メジャーデビューシングル曲なので、やっとここまで来た!という思いと、この先も行くぞっていうか、『VERSUS』というアルバムにつながる決意が詰まった曲。メジャーデビューにあたっては、“自分たちのリアルなものが伝え続けられるのか?”っていう不安もあったけど、この曲のおかげで勢いづけられたし、その意味でも、今でもライブでやるたびにグッと来る曲です」(TATSUKI)

03. FAMOUS

「普通はサビで盛り上がりますけど、この曲は一見サビで一度静まるというか、だからこそ気持ちがブワッとあがるというか。そういう曲の構成というか、曲調がすごく不思議だし、面白いんですよね。こういう挑戦的な曲を1stフルアルバムでやっちゃうってところがまさに、『VERSUS』だなと思います」(MASAHARU)

04. Champague Shower

「僕、この曲の80'Sっぽいテイストが大好きなんです。もちろん僕らは80'Sのリアル世代じゃないけど、だからこそ背伸びしたり、いい意味で格好をつけられるというか。大人の方にも懐かしい感じで聴いてもらえそうだし、ブルーノ・マーズとかも80'Sな曲を作ってるので、音楽好きな人にも聴いてもらえたらなと思う。そういう意味でも、間口の広さがあるというか、今回のアルバムのキーになる曲じゃないかなと思ってます」(MARK)

05. Heartbreaker

「2ndシングル曲。この曲の主人公の男の子は、恋人にふり回されてるんですよね。そういう歌詞とリンクして、ダンスにもハートを射抜かれる振りつけがあるんです。あと、ファンの方や同業者の方とか、この曲の80'Sっぽいサウンドを好きだと言ってくださる方が多くて。そういう80'Sっぽい世界観を表現するために、ライブではお立ち台を使ってパフォーマンスをしています」(REIJI)

06. AfterRain

「この曲ができる数か月前に2ndワンマンライブをやったんですけど、その時のMCで、号泣するメンバーもいたぐらい自分たちの思いや不安を赤裸々に話したんです。そのMCを聞いて、作家さんが書いてくださったのがこの曲。恋愛の曲にも聴こえるけど、僕らのファンに対する思いが詰まった曲なんです」(TATSUKI)

「当時、トロピカルハウスが流行る前に先取りしたということで、FlowBack=半歩先行くイメージができた曲でもありますね」(JUDAI)

07. ByeBye

「FlowBackにはまだ少ないバラード調の曲で、デモの段階から好きな曲調だったんですけど、レコーディングで5人の声が乗った瞬間、さらに好きな曲になりました。しかもメロディの展開とか、カラオケで歌ったりしても楽しめる曲になってるし、たくさんの方に好きになってもらえる曲なんじゃないかな、と思ってます」(REIJI)

08. BOOYAH!

「これは完全に、お客さんが誰もいない中で歌ってた4年前の自分たちの思いが込められている曲。FlowBackの名刺代わりの1曲ですね」(TATSUKI)

「曲調的にもかなりヒップホップですし、イベントの共演者の人にも、こういう曲をメジャーでやっちゃうんだ!って驚かれることも多くて。共演者がそう思うなら、世の中の人はもっと驚くだろうし、新鮮だろうなと思うんです」(MARK)

09. Phoenix Rise

「これはメンバー全員で書いた歌詞を組み合わせた曲で、不死鳥のように、何度倒れても立ち上がっていく自分たちのことを描いた等身大の曲。具体的な自分たちのゴールはまだ見えていないけど、光が見える先に向かってひたすらがむしゃらに進んで行くっていう曲です」(TATSUKI)

10. Calling

「「VERSUS」と同じくらいテンションのアガる曲。FlowBackにとって初のロック調の曲なんですけど、今回作家さんのディレクションにしっかり応えたことによって、今までとは違うFlowBackになったなというか。ライブでやることで、温度感がぐっと上がる曲になるんじゃないかなと思います」(MARK)

11. I SWEAR

「僕が出演させていただいてるドラマ『#セルおつ』の主題歌なんですけど、これはもう、ストレートに愛を誓ってるラブソング。メンバー5人の声が生きてる部分にも注目してほしい曲ですし、好きな人がいるなら、その人に向かって愛を誓う感じで、カラオケとかで歌うのもいいんじゃないかなって思います」(MASAHARU)

「最初、ドラマのイメージと合うのかな~と思ってたんですけど、実際に見てみたら絶妙!なんですよ」(JUDAI)

12. Let's Get Together

「ファンと一緒に楽しめるというか、ライブでの盛り上がりが想像できる曲ですよね」(MASAHARU)

「こういう曲、意外と今までなかったんですよ。この曲ではJUDAIのラップ部分の歌詞も作家の方にプロデュースをお任せしたんですけど、おかげで今までのFlowBackとは確実に違うものが出せたというか」(TATSUKI)

「リリック部分の言葉数が多くて、最初は口が回らなくて焦ったんですけど(笑)、挑戦したことで新たな知恵をもらえた気がしましたね」(JUDAI)

(取材・文:早川加奈子)

PROFILE

2013年に結成。2014年開催の国内最大規模オーディション“LINE オーディション”応募者125,094組の中からファイナリスト8組に選出され注目を集める。2016年9月にシングル「Come A Long Way」でメジャーデビュー。楽曲制作・コレオグラフをはじめ、衣装のスタイリングやグッズデザインに至るまでメンバー自身が携わっているという高いセルフプロデュース力を備えた5人組ダンス&ボーカルグループ。

Release Information

1stアルバム『VERSUS』

2017.5.31 release

・初回限定生産盤A(CD+DVD)¥3,700(税込)

・初回生産限定盤B(CD+DVD)¥3,700(税込)

・通常盤(CDのみ)¥2,600(税込)

<収録曲>(初回生産限定盤・通常盤共通)

01. VERSUS

02. Come A Long Way

03. FAMOUS

04. Champagne Shower

05. Heartbreaker

06. AfterRain

07. ByeBye

08. BOOYAH!

09. Phoenix Rise

10. Calling

11. I SWEAR

12. Let's Get Together


■FlowBack 1st Album「VERSUS」 Teaser CM




■FlowBack 1st Album VERSUS Trailer



■Release Event Information
5月31日(水)東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
6月1日(木)東京・タワーレコード新宿店
6月2日(金)東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
6月3日(土)東京・タワーレコード新宿店
6月4日(日)神奈川・ラゾーナ川崎プラザ

■関連リンク先
・FlowBack オフィシャルホームページ:http://www.flowback05.com
・アルバム『VERSUS』特設サイト:http://www.flowback05.com/versus/

おすすめ情報