物語のカギを握るのは人間の少女?『猿の惑星』最新作の意味深ポスターに注目

2011年公開の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、続編の『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(14)と、リアルな世界観で人間と進化した猿の対峙を描いてきた『猿の惑星』新シリーズ。その最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月に日本公開されることが決定、意味深なポスタービジュアルも発表された。

【写真を見る】シーザーの背後で脅えるようなまなざしを見せる少女(アミア・ミラー)。ノバという名前らしいが…
  • 【写真を見る】シーザーの背後で脅えるようなまなざしを見せる少女(アミア・ミラー)。ノバという名前らしいが…

高度な知能を得た猿が人類に成り代わり地球を支配していく激動の歴史を描いたシリーズが、ついにクライマックスを迎える本作。ポスターには険しい表情を見せる猿のカリスマ的存在・シーザー(アンディ・サーキス)の背後に、謎めいた人間の少女が描かれ、「そして、猿の惑星になる。」という決定打的キャッチコピーが載せられている。

当初から予知されていた猿の地球制覇が完了するであろう本作の展開にて、シーザーの背後に隠れ“護られている”ようにも見える彼女は、物語にどんな展開をもたらすのか、謎のベールに包まれているストーリーの解禁が待ち遠しい。

シリーズ3作に渡ってシーザー演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のゴラムでおなじみアンディ・サーキス
  • シリーズ3作に渡ってシーザー演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のゴラムでおなじみアンディ・サーキス

シーザー役のサーキスは「このシリーズが素晴らしいのは、人間と猿のストーリーを適切なバランスで見せていること。シーザーは明らかに多くの意味で両方の世界に関係している」とコメント。人間に育てられ敬意を抱きながらも、猿たちを助けたいという意志のはざまで、葛藤し続けるシーザーについて振り返る。

また、前作に続き監督を務めるマット・リーヴスは「本作のスケールはシリーズで最も大きくなったが、シーザーと猿たちの感動のストーリーという核も大切にしている」と、スペクタクル性とドラマを共に重視して演出したことを明かす。

愛する存在を失くしたシーザーと彼を倒すことに執着する人類。この秋、猿と人類の“アイデンティティ”を賭けた聖戦が始まる!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報