高さ66mのろうそく!? 銀座にXmasイルミの新名所誕生

「ポーラ銀座ビル」は66mの巨大なクリスマスキャンドルを演出!
  • 「ポーラ銀座ビル」は66mの巨大なクリスマスキャンドルを演出!

ジャンボツリーで有名な「ミキモト本店」や、光のトンネルが輝く「有楽町マリオン」など、華やかイルミネーションのメッカ“銀座”。そんな銀座に12/4、新しいイルミスポットが誕生した。なんと、ビルの壁面に高さ66メートルの“ゆらめくキャンドル”が出現したのだ。

銀座のクリスマスを盛り上げるのは、銀座1丁目にある「ポーラ銀座ビル」(東京・中央区)。今年10月にオープンしたばかりの、新しいランドマークだ。

同ビルが演出するイルミの特徴は“ゆらめくキャンドル”。空から光がはらはらと降ってきて、銀座の街に巨大なキャンドルが作られるという仕立てで、ビルの表面に13万個のLED照明と180枚のキネティックパネル(可動式パネル)によって、微妙な“キャンドルのゆらめき”を表現するという。

実は、このイルミの照明デザインを手掛けたのは、世界的に評価され美術館の展示照明も数多く手掛ける照明家・豊久将三氏。“一人一人に温かみと元気を届けたい”との思いで、クリスマスらしさを象徴するキャンドルをモチーフにしたのだとか。

同イルミの点灯は、クリスマス当日の12/25(金)まで毎日16:30〜24:00実施。高さ66mにも及ぶ巨大な“キャンドル”が銀座の街に出現したとあって、銀座1丁目のランドマークが、クリスマススポットとしても多くの注目を集めそうだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報