坂本龍馬の名言を発する人形「りょうまくん」が25年ぶりに復活!

見た目はまさに“坂本龍馬”な「りょうまくん」はH約115×W約90×D約65mmの手のひらサイズ。単4乾電池2本で動く
  • 見た目はまさに“坂本龍馬”な「りょうまくん」はH約115×W約90×D約65mmの手のひらサイズ。単4乾電池2本で動く

来年1月3日(日)から放送されるNHK大河ドラマ「龍馬伝」を前に、龍馬商戦が盛り上がっている。そんな中、バンダイからも坂本龍馬をモチーフにしたトイが登場する。12/26(土)に発売する、30〜50代の男性をターゲットにしたおしゃべり人形「りょうまくん」(1365円)だ。

「りょうまくん」は、髪をひとつに結い、着物の懐に片手を入れた、全高11.5cmの“おしゃべり人形”。人形が持つ左手の刀部分を押すと、坂本龍馬の名言や励ましの言葉を発するのだ。

有名な“日本をいま一度せんたくいたし申し候!”のほか、“心はいつも太平洋ぜよ!”“我がなすことは我のみぞ知る!”という龍馬の名言や、“小さなことにこだわってちゃいかんぜよ!”“でっかい夢を持たなきゃいかんぜよ!”“くよくよしてちゃいかんぜよ”としょんぼりした時に励みになりそうな言葉、全6種類をランダムにしゃべってくれる。デスク周りの癒しアイテムにおすすめだ。

実は、このおもちゃは1985年に、坂本龍馬誕生150周年を記念してナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売された「りょうまくん」の復刻版。当時、龍馬ファンだったデザイナーが“元気のない若者を龍馬だったらどう励ますか”を考えて商品化し、大ヒットを記録。それから25年、来年は坂本龍馬に注目が集まることから、今回のリニューアル発売となったのだ。

同商品は全国の雑貨店や百貨店、量販店の玩具売り場などで販売し、販売目標数は2010年12月末までに5万個。元気のない人へのプレゼントにもうってつけのおしゃべり龍馬に注目だ。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報