芦田愛菜、子役との共演に「私も小さい時に戻りたい」(1/2)

6月22日(木)より全国でオンエアされる小学館「図鑑NEO」の新CMに、芦田愛菜が出演することが明らかになった。6歳の頃から図鑑を愛読していたという芦田が“先輩読者”として、子供たちの夢に耳を傾けるストーリーとなっている。

6歳の頃から図鑑を手にしていた芦田愛菜と現在の芦田愛菜
  • 6歳の頃から図鑑を手にしていた芦田愛菜と現在の芦田愛菜

「図鑑NEO」を手にする子供たちに「あなたの夢は何ですか?」と芦田が尋ねる場面からCMはスタート。

図鑑NEO「花」を手にした女の子は「お花屋さんになりたい」、図鑑NEO「恐竜」を手にした男の子は「僕は恐竜博士!」、図鑑NEO「科学」を手にした女の子は「世界一の科学者になる」とそれぞれが笑顔で回答する。

「知らないことが分かるとワクワクするよ!」と最後に芦田の一言があり、CMが終わっていく展開だ。

撮影が行われたのは5月。都内のスタジオに現れた芦田は、カメラの前で緊張した面持ちの子供たちに「緊張するよね」と話し掛けたり、図鑑をうまく持てない子供たちを支えたりと、頼もしくそして優しいお姉さんのように振る舞った。

また、夢を語る子供たちへの芦田のコメントは、全てアドリブだったという。子供たちの夢に対して「頑張ってね」「かっこいい!」と言葉を贈る芦田。応援の言葉をもらった子供たちは少し照れながらもうなずき、決意をにじませた。

撮影の合間の休憩時間には、芦田と子供たちが控室で図鑑を囲んで雑談。図鑑を見ながら分からないことを口々に尋ねる子供たちに、芦田は先生のように優しく教えてあげていった。一緒に図鑑に載っているクイズを出し合うなど、楽しいひとときを過ごした。

撮影を終えた芦田がインタビューに応じた。(2/2)
  • 1
  • 2
小学館「図鑑NEO」新CM
6月22日(木)より全国で放送開始

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報