光岡自動車の「大蛇」「卑弥呼」が「リッケンバッカー」とコラボ!

「大蛇 Rickenbacker」(ナビゲーション付き/5AT)。ボディには、リッケンバッカーギターヘッド調エンブレムが施されている
  • 「大蛇 Rickenbacker」(ナビゲーション付き/5AT)。ボディには、リッケンバッカーギターヘッド調エンブレムが施されている

ほぼ手作りで作られる光岡自動車の「大蛇(オロチ)」と「卑弥呼」。マニアに絶大な人気を誇るこの2車種が、米国のギターメーカー「Rickenbacker(リッケンバッカー)」とコラボし、特別仕様車を発売することが発表された。各5台限定の受注生産で、12/10(木)から予約を受付ける。

「Rickenbacker」は1931年に電気楽器とアンプを製造する目的で、ロサンゼルスで創業。1960年代にはビートルズのジョン・レノンやポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが愛用したことで知られる。職人が一本一本手作りで作り出すギターは今でも名だたるアーティストが愛用し、音楽家あこがれのブランドだ。そんな同社とコラボした「大蛇/卑弥呼 Rickenbacker」は、リッケンバッカーをイメージした内装が施されたスペシャルな一台だ。

最大の特徴は、本革張りのシート。シートをギターに見立て、ギターの弦をイメージした6本のラインが入り、Rickenbackerの“R”のテイルピースを刺繍。さらにインテリアにはRickenbackerのギターをイメージした木目調のパネルが使用され、プレミアムな雰囲気たっぷりだ。

ちなみにこのコラボ企画は、日本プロパティ開発が進める、愛好家がリッケンバッカー製のギターの音の素晴らしさを伝えるPR活動「リッケンバッカープロジェクト」の第1弾企画として行われるもの。「大蛇 Rickenbacker」は948万円、「卑弥呼 Rickenbacker」は632万円で、各限定5台の受注生産となる。

光岡自動車の職人たちが、リッケンバッカーの職人魂に触発されて生み出したこの特別仕様車。ファンならこの夢のような企画に胸が高鳴るハズ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報