ナタリー、新作の影響で母性本能が急激アップ!?

役でなく本当に子どもが欲しい
  • 役でなく本当に子どもが欲しい

ナタリー・ポートマンは、新作『Brothers』に出演したことがきっかけで、今すぐにでも母親になりたいと考えるようになったらしい。

子役時代から活躍し、すでに28歳になったナタリーは、「母性本能が成熟したのよ。年をとったのもあるかしら。以前は母親になることが怖かったんだけれど、そういう感情も薄れてきたみたい」と話す。

また、「『Brothers』で強くて素晴らしい母親グレース役を演じてみて、私の母性本能に気ずかされたのね。普通、映画の中で私の年齢の女性が演じられるのは、かわいくて、男性の恋愛対象としての女らしい女性だけ。今回こんなに素晴らしい母親を演じられてラッキーだったわ」「グレースを演じるのは簡単だった。だって私には、世界中で一番素晴らしい母親がいるんだもの。私の母が最高のお手本よ」と語っており、母親になるのが待てないよう。

しかし、「そういうのは仕事と違って計画できることではないしね」とも語っており、相手を見つけるのもこれから? 賢いナタリーは、出産もそう簡単なことではないことも理解しているようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報