映画

戦隊レッドから若手刑事へ!竜星涼に訪れた“警官”役ラッシュ

MovieWalker 2017年6月10日 10時00分 配信

2010年にテレビドラマ「素直になれなくて」で俳優デビューし、2013年に放送されたスーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」の桐生ダイゴ/キョウリュウレッド役でブレイクした竜星涼。映画やドラマに多数出演している注目のイケメン俳優だが、実はここ最近、“警察官・刑事”役が続き、その姿が超ハマっていると話題なのだ!

すべての写真を見る(5件)
竜星は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でイイ人すぎる警察官役を演じ、現在放送中のドラマ「小さな巨人」では捜査一課と所轄の間で苦悩する若手刑事を熱演。そして、特に印象的なのが、本日6月10日から公開の『22年目の告白―私が殺人犯です―』だ。

彼が本作で演じているのは、時効を迎えた殺人事件を追い続ける刑事・牧村(伊藤英明)のもとで働く若手刑事・春日部。行動力やガッツがあり、警察を挑発してくる犯人・曾根崎(藤原竜也)に苛立ちを募らせる熱血漢だ。

オールバック気味な髪型、バシッと決まったスーツ、爽やかな見た目など、とにかくカッコイイ出で立ちの竜星。刑事という仕事に情熱を持ち、曾根崎を何としてでも捕まえようとする男気あふれる姿に、見ているだけでもグッとさせられる。

このピンポイントなタイミングで、出演作が3作品も放映・公開されるのも珍しいが、そのいずれの作品でも警察官・刑事を演じているというのは至極まれなこと。警察官・刑事役が後を絶たないのも、彼が醸し出すヒーローのような、誠実な雰囲気がそうさせているのかも?この機会に、よく似合った“警官・刑事”姿を目に焼き付けてほしい!【トライワークス】

22年目の告白―私が殺人犯です―

6月10日(土) 公開

韓国映画『殺人の告白』を基に、時効となり、突如、姿を現した殺人事件の犯人によって翻弄されていく人々を描くサスペンス。藤原竜也が犯人の曾根崎に扮し、法で...

おすすめ情報