横浜赤レンガ倉庫で「宇宙から見たフランス」写真展

横浜赤レンガ倉庫1号館では、6月15日(木)から6月25日(日)まで、人工衛星から撮影されたフランスの姿を展示する写真展「宇宙から見たフランス」が開催される。

「宇宙から見たフランス」
  • 「宇宙から見たフランス」

この写真展は、フランス観光開発機構とフランス国立宇宙研究センターのコラボレーションにより実現した展覧会で、今までにない視点からフランスの魅力を再発見する試み。パリのオペラ座、世界遺産の水道橋ポン・デュ・ガール、フランス最大の港町マルセイユなど、フランスを象徴する各所を、衛星から撮影した写真作品を20点展示する。最先端技術によって宇宙衛星から撮影されたフランス全土に渡る20箇所の美しい風景の写真は、大人から子どもまで楽しむことができる。また、モン・サン=ミシェルやミヨー橋をはじめとした建築の美しさ、田舎や農村の素晴らしい遺跡にも焦点を当てて紹介する。

【写真を見る】モンサンミッシェルの衛星写真
  • 【写真を見る】モンサンミッシェルの衛星写真

6月15日(木)から7月15日(土)の期間は、横浜フランス月間。この写真展のほか、音楽ライブ、フランス映画上映会、食に関するセミナーなど、様々なイベントが開催される。日本で唯一のフランス文化の祭典、その中でも注目の企画展だ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

■横浜フランス月間2017 写真展「宇宙から見たフランス」
期間:6月15日(木)~6月25日(日)
時間:11:00~19:00(最終入場18:30まで)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
料金:入場無料

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報